アフリカ

2020年1月25日

「現代ビジネス」の記事「世界で最も残酷な虐殺のあった国に『IT学校』を創った日本人の正体」にてDIVE INTO CODEが紹介されました

(写真左:DIVE INTO CODE代表 野呂、右:ルワンダ共和国の現地パートナー SOLVE IT 社 CEO Semafara Joseph氏、DIVE INTO CODE東京校にて撮影)

2020年1月25日(土)、DIVE INTO CODEのアフリカ事業展開が、講談社の「現代ビジネス」の記事「世界で最も残酷な虐殺のあった国に『IT学校』を創った日本人の正体」として掲載されました。

「人生の価値を上げる事業を創りたい」という想いから始まったアフリカ展開

「人生の価値を上げる事業を創りたい」という想いから始まったDIVE INTO CODEのアフリカ事業展開は、昨年3月から4月にかけて行なったクラウドファンディングにより、DIVE INTO CODEルワンダ校の開校へと繋がり、現在はルワンダで卒業生を輩出するに至っています。

今回の記事では、ルワンダ共和国での活動の軌跡を、ライターの”若旦那”さんが詳細に記載してくださっています。ぜひご覧ください。

「世界で最も残酷な虐殺のあった国に『IT学校』を創った日本人の正体」の記事はこちら

今後のアフリカ展開

2020年は、アフリカでのプログラミングスクール開設を進めるべく、ルワンダでの成功モデルをセネガルで実証して、アフリカ連合会議やICT部会におけるモデル紹介を目指しております。

本年も「すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる」べく、DIVE INTO CODE社員一同、邁進いたします。皆さま、これからもDIVE INTO CODEをどうぞよろしくお願いいたします。

DIVE INTO CODEのアフリカ事業展開 関連記事

「【イベントレポート】DIVE INTO CODE代表の野呂が「アフリカ・日本 スタートアップピッチ」で伝えたかったこと【TICAD7】」の記事はこちら

「【TICAD7】DIVE INTO CODE代表の野呂が語るTICAD7の意義」の記事はこちら

「【朗報】DIVE INTO CODEが2019年9月30日付の日本経済新聞に掲載されました!」の記事はこちら

「DIVE INTO CODE代表・野呂に、大学生が直接聞いてみた!【前編:ルワンダにおける事業展開】」こちら

「DIVE INTO CODE代表・野呂に、大学生が直接聞いてみた!【中編:夢を叶えるためのスキル習得とキャリア構築】」こちら

「DIVE INTO CODE代表・野呂に、大学生が直接聞いてみた!【後編:夢の原点と考え方・行動の実際】」こちら

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?