テクノロジー

2022年7月22日

ブラウザに表示してみよう

目次

1. HTML/CSSの役割
2. ブラウザに表示してみよう
3. HTMLの書き方の基本
4. CSSの書き方の基本

*上記のリンクにアクセスすることで、続きをDIVER Learningsで確認できます。

ゴール

  • HTMLファイルをブラウザに表示できるようになる
  • ブラウザで表示した時に自分のPCの中で起こっていることがわかるようになる

HTMLファイルを作ってみよう

HTMLファイルを作成してみよう

では実際に、VS Codeを使ってHTMLを作成してみましょう。

新たにdic_cafeというフォルダを作成し、その中にHTMLファイルを作っていきます。
dic_cafeフォルダの作成手順は以下の通りです。

Macの場合

  1. Finderを開き、タブの「移動」から「ホーム」を選択します。
    Image from Gyazo
  2. ユーザ名がついたホームディレクトリが表示されます。ホームディレクトリ内で、右クリックを押し「新規フォルダ」を選択します。
    Image from Gyazo
  3. フォルダ名の入力欄が表示されるのでdic_cafeと入力してエンターキーを押します。これで、dic_cafeという名前のフォルダが作成されます。
    Image from Gyazo
  4. VS Codeを起動し、「ファイル」タブの「開く」からdic_cafeフォルダを選択します。以下のようにDIC_CAFEと表示されていれば問題ありません。
    Image from Gyazo
  5. 以下の①のアイコンをクリックすることで、ファイルを新規作成できます。②にindex.htmlと入力し、エンターキーを押します。
    Image from Gyazo

最終的に以下のような画面が表示されます。
Image from Gyazo

Windowsの場合

  1. VS Codeを起動し、「ファイル」タブから「フォルダーを開く」を選択します。
    Image from Gyazo
  2. 「ローカルディスク(C:)」の「ユーザー」をダブルクリックします。
    Image from Gyazo
  3. ご自身のユーザ名が付いたフォルダをダブルクリックします。
    Image from Gyazo
  4. 画面上で右クリックを押し、「新規作成」の「フォルダー」を選択します。
    Image from Gyazo
  5. フォルダ名の入力欄にdic_cafeと入力し、エンターキーを押し、このフォルダーを選択した状態で「フォルダーの選択」をクリックします。
    Image from Gyazo
  6. 以下のような画面が表示された場合は、「親フォルダー’フォルダ名’内のすべてのファイルの作成者を信頼します」にチェックを入れ、「はい、作成者を信頼します」をクリックします。
    Image from Gyazo
  7. フォルダが作成されていれば、このような画面が表示されるはずです。
    Image from Gyazo
  8. 以下の①のアイコンをクリックすることで、ファイルを新規作成できます。②にindex.htmlと入力し、エンターキーを押します。
    Image from Gyazo

最終的に以下のような画面が表示されます。
Image from Gyazo

なお、index.htmlというファイル名にする理由については後ほど説明します。

拡張子とは

.htmlというのは拡張子といわれるものです。HTMLもCSSも中身は文字だけのテキストデータです。
そのため、実際はVS Codeを使わなくてもWordやテキストエディットなどでも書けてしまいます。しかしあなたはエンジニアなので、VS Codeなどのエディタを使いましょう。

indexという名前だけでは、そのファイルがどのような種類の文書なのかわからないため、ファイル名の後ろにそれを示す拡張子をつけます。
HTMLファイルの場合は.html、CSSファイルの場合は.cssという拡張子をつけることを覚えておきましょう。

もし自分のPCで拡張子が表示されない場合は、表示しない設定になっている可能性があるので、以下の手順で表示するようにしましょう。

Macの場合
Finder > 環境設定 > 詳細 > すべてのファイル名拡張子を表示

Image from Gyazo

Windowsの場合
エクスプローラー > 表示 > ファイル名拡張子にチェックを入れる

Image from Gyazo

index.htmlの中身を書いて表示してみよう

ではindex.htmlにコードを記述してみましょう。
以下のコードをindex.htmlに記述します。

[index.html]

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>DIC cafe</title>
  </head>
  <body>
     DIC Cafe
  </body>
</html>

このコードの詳細については、以降のテキストで説明していきます。
まずは、今作ったindex.htmlをブラウザ上で表示してみましょう。
作成したindex.htmlを探してダブルクリックしてください。

Macの場合
Finderから探してダブルクリックします。
Image from Gyazo
Image from Gyazo

Windowsの場合

エクスプローラーを開き、「PC→ローカルディスク(C:)→ユーザー→ユーザ名」の順に選択すると、dic_cafeフォルダが表示されます。次回からすぐにアクセスできるよう右クリックで設定を表示し、「クイックアクセスにピン留めする」を選択しましょう。
dic_cafeフォルダ内のindex.htmlをダブルクリックしてください。

Image from Gyazo

すると、ブラウザが起動し、以下のようにDIC Cafeという文字がブラウザ上に表示されるはずです。

Image from Gyazo

ブラウザで表示した時になにが起こっているのか

アドレス欄とファイル名の関係

DIC Cafeと表示されているタブのアドレス欄には、file:///Users/ユーザ名/dic_cafe/index.html(Windowsの場合はfile:///C:/Users/ユーザ名/dic_cafe/index.html)と表示されています。
これは、PCのUsers/ユーザ名/dic_cafe(Windowsの場合はfile:///C:/Users/keika/dic_cafe)にあるindex.htmlを表示していることを意味します。
そのため、file:///Users/ユーザ名/dic_cafe/index.html という文字をコピーして、Chromeで新しいタブを開いてアドレス欄にコピーすれば、同じ結果が得られるはずです。

今回はindex.htmlという名前でファイルを作りましたが、例えばsample.htmlという名前で作成した場合は、file:///Users/ユーザ名/dic_cafe/sample.html(Windowsの場合はfile:///C:/Users/keika/dic_cafe/sample.html)となる訳です。

アドレスに入力したものと、実際に表示されるファイル名がリンクしているのがわかりましたでしょうか。

Webサーバに公開した場合

今は自分のPCの中にあるHTMLファイルをブラウザで表示させているだけです。
実際にWebサーバを使って表示させる場合は、アドレス欄に表示されるのはhttps://、またはhttp://ではじまるアドレスになります。

もう一度、以前のテキストで紹介した架空のカフェサイトのURL(https://nifty-ardinghelli-879083.netlify.app/index.html)にアクセスしてみましょう。

https://nifty-ardinghelli-879083.netlify.appがインターネット上にあるこのWebサイトのアドレスです。
ナビゲーションから「Menu」を選択すると、https://nifty-ardinghelli-879083.netlify.app/blueberry_pancakes.htmlというURLに変わります。
それは、blueberry_pancakes.htmlというファイルが読み込まれているからです。

index.htmlの意味

では、新しいタブを作り、アドレス欄にhttps://nifty-ardinghelli-879083.netlify.appと入力してエンターキーを押してください。
先ほどと違い、末尾にindex.htmlをつけていませんが、https://nifty-ardinghelli-879083.netlify.app/index.htmlと同じページが表示されます。

これはつまり、https://nifty-ardinghelli-879083.netlify.appは、このWebサイトのトップページを表し、index.htmlが省略されているURLということを意味します。
このように、トップページにアクセスした際には、ディレクトリ内のindex.htmlファイルを表示するようになっています。

今回はこのカフェサイトのトップページを作るという意味で、index.htmlという名前でHTMLファイルを作成しました。

Webサイトのディレクトリ構造

Webサイトは複数のHTMLファイル、CSSファイル、画像ファイルが集まってできています。ページの数が増えるほどファイルの数も増えていきます。
Web制作を行う時は、それらのファイルをまとめて一つのディレクトリに格納して制作します。
その場合、HTMLファイルはメインとなるディレクトリの直下に配置します。CSSファイルや画像ファイルなどは、メインディレクトリの中に更にディレクトリを作成し、その中で管理するのが一般的です。
なお、ページ数が特に多いWebサイトでは、HTMLファイルも細分化し、ディレクトリで管理することがあります。

Image from Gyazo

すべてのファイルやディレクトリを管理するメインのディレクトリはルートディレクトリと呼ばれます(このサンプルサイトの例でいうと、dic_cafeディレクトリがルートディレクトリです)。

まとめ

  • HTMLをブラウザで表示した時は、ファイルが格納されている場所にある該当のhtmlファイルが表示されており、ファイルが格納されている場所がパスとしてURLとなっている。
  • Webサイトは複数のファイルを一つのディレクトリに格納されてつくられている。

関連記事

次回:3. HTMLの書き方の基本
前回:1. HTML/CSSの役割

*上記のリンクにアクセスすることで、続きをDIVER Learningsで確認できます。

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?