テクノロジー

2022年8月4日

GitHubとは

ゴール

  • リモートリポジトリがなぜ必要なのかを理解する
  • GitHubとはなにかを理解する

なぜリモートリポジトリが必要なのか

リモートリポジトリは、ネットワーク上のサーバ内にファイルを配置し、複数人でソースコードを共有するためのリポジトリです。

ネットワーク上にソースコードが保存されるため、ローカルリポジトリと違って以下のメリットがあります。

  • 複数人でソースコードを共有できるようになるため、チーム開発に活用できる
  • リポジトリを共有することで、作成したファイルの編集履歴を他の人と共有したり、他の人の編集内容を取得できるようになる
  • もしPCが故障しても、リモートリポジトリで保存したソースコードの履歴が消えずに残る

Image from Gyazo

リモートリポジトリはどのように活用するのか

リモートリポジトリは、ローカルリポジトリと連携させて活用します。
具体的には、次のような流れになります。

  1. ローカルリポジトリを自分のPC内に用意する
  2. ローカルリポジトリにソースコードをコミットする
  3. ローカルリポジトリからリモートリポジトリにコミットを反映する
  4. チームメンバーがリモートリポジトリからローカルリポジトリに情報を反映させて、共同作業を進める

Image from Gyazo

最初のローカルリポジトリを用意する際、2つの方法があります。

  1. 新しくローカルリポジトリを作成する
  2. リモートリポジトリから複製する

1. 新しくローカルリポジトリを作成してからリモートリポジトリを設定し、変更内容を反映する方法

  1. git initコマンドで、ローカルリポジトリを作成する
  2. ファイルを作成、編集する
  3. git addコマンドで、ステージングエリアに登録する
  4. git commitコマンドで、ローカルリポジトリに変更内容を登録する
  5. 反映先のリモートリポジトリを設定する
  6. リモートリポジトリへ変更内容を反映する

開発をこれから始める場合は、こちらの方法が使われることがあります。

Image from Gyazo

2. リモートリポジトリを複製することでローカルリポジトリを作成し、変更内容を反映する方法

  1. リモートリポジトリの内容を、ローカルリポジトリとして自分のPCに複製する
  2. ファイルを作成、編集する
  3. git addコマンドで、ステージングエリアに登録する
  4. git commitコマンドで、ローカルリポジトリに変更内容を登録する
  5. リモートリポジトリへ変更内容を反映する

既にリモートリポジトリがあり、開発が進んでいる現場に途中から参加する場合は、こちらの方法が使われます。

Image from Gyazo

GitHubとはなにか

Webエンジニアがプログラミングで書いたコードを、インターネット上のサーバに保管しておくことができるサービスがあります。
そのサービスを「ソースコード用ホスティングサービス」といいます。

その中のひとつに GitHub(ギットハブ) があり、主に以下のことができます。

  • GitHubのサーバ上にリモートリポジトリを作成し、ソースコードを複数人で共有できる
  • SNSの機能を備えているので、チーム開発の場合にコードの共有が容易である
  • もしPCが壊れたとしてもGitHub上にソースコードは残るため、安全である

GitHub以外でも、似たようなソースコード用ホスティングサービスが存在します。

その中でも、GitHubが圧倒的な人気を誇っています。

Image from Gyazo

出典: Google Trend

これから、ソースコード用ホスティングサービスとして GitHub を学んでいきましょう。

まとめ

  • リモートリポジトリは、チーム開発を行う時に適したリポジトリである。
  • GitHubを用いることにより、ネットワーク上でコードを管理できるようになる。

この記事の続きは、こちらの「1週間の無料お試しを開始する」から学習できます!

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?