テクノロジー

2019年01月12日
  • #画像認識
  • #成人式
  • #深層学習
  • #顔認識
  • #Python
  • #機械学習

成人式の写真画像がよく別人と認識されるので、本当に別人か機械学習させてみた

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=68de5d052a85b2e4d023fbd3ea2a836aac97b50838b0f2eb836671be1035836a

成人の日、あの頃を懐かしむ

こんにちは、DIVE INTO CODE 野呂 浩良です。

1月の第2月曜日は、成人の日。今年も成人式がありました。
私が成人した頃は、まだ15日の固定日が成人の日でした。
昔を懐かしみ、今の若者の祝う。そして、「今どきのワカモノは・・・。」と世の中で最も言われる時期ですね。

ご自分の成人式を晴れ姿で迎えた思い出を振り返り、同窓会を懐かしむ時期ではないでしょうか。
私も成人した頃は青春真っ只中でしたから、こだわりの晴れ姿で迎え、旧友との再会に心が踊ったものです。

そんな成人の日、数年前から気になっていることがあります。

それは、私の成人式の記念写真を見た方が、あまりにも今の私と変わりすぎていると、ご指摘を多々受けることです。
私の中では、見た目は変われど心は同じ。

別人とはヒドイではないですか!と言いたいところなのですが、人は主観で判断をするもの。

お互いの主張が平行線では決着がつかないため、1月から私も講師を目指して学びはじめた機械学習を使うことにしました。画像認識を使うことで、コンピュータによる客観的な調査をするわけです。

今回、この記事のために機械学習エンジニアコースの教育メンターたちが、プログラムを用意してくれました。
ありがとう!感謝します。

機械学習プログラム「野呂認識」の仕様

メンターが用意してくれたのは、Pythonで開発されたオープンソースライブラリ「Face Recognition」。
この「Face Recognition」を使い、簡易的なプログラムをプレゼントしてれました。

プログラムは、読み込んだ画像を元に学習して、新たに未知の画像を読み込むとその中に映る人物が野呂かどうかを認識します。
その結果、野呂として認識すればnoroと表示しますし、認識しなければunknownと表示をするシンプルなものです。

元になっているライブラリは、こちらから入手することができます。

Face Recognition
https://github.com/ageitgey/face_recognition

英語の日本語訳


世界で最もシンプルな顔認識ライブラリを使用して、Pythonまたはコマンドラインから顔画像を認識することができます。
C++で開発された深層学習による顔認識ライブラリ「Dlib」を使用して開発されています。
モデルは、ワイルドベンチマークのラベル面で99.38%の精度を出すことができます。
また、コマンドラインから画像フォルダに対して顔認識を実行できる「face_recognitionコマンドラインツール」も利用できます。

Dlib
http://dlib.net/

ご興味がおありの方は、GitHubから使い方を確認してぜひ実装してみてください。

訓練データ「38歳の野呂」を用意

まず、最初に現在の私の画像を訓練データとして使います。
この画像であれば、 絶対に別人とは言われない自信があるもの を用意しました。

Image from Gyazo

用意したプログラムについては、この記事のアクセス数反響が良ければ、後篇として後日解説記事を書きたいと思います。

テストデータ「35歳の野呂」で画像認識

まずは私のSNSプロフィール画像として使っている試してみましょう。

Image from Gyazo

素晴らしい!

38歳(現在)の写真画像では、高確率で判定してくれています。

DIVE INTO CODEの公式Tシャツをどちらも来ていることもあり、自習室の受講生や社員などの人が見ても、100%野呂だと認識してくれました。

この3年間で顔つきでは若さが保たれていると、前向きに認識しておくこととします!

本番データ「20歳の野呂」で画像認識

さあ、いよいよ本番です。

今から18年前の20歳の野呂は、あまりにも今の私と変わりすぎているのでしょうか。

コンピュータの機械学習による画像認識でさえ、判定できないほどなのでしょうか。

多くの方からご指摘を受けて、物議を醸してきた成人した頃の 20歳の写真本番データとして用意して、試してみました。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

Image from Gyazo

なんと、unknownという結果。。

この写真は、幼稚園の同窓会で旧友と一緒に記念撮影したものです。
私のはずなのですが、どうやら違うと認識されました。

パソコンのカメラから認識させようともしてみましたが、精度が低かったです。
皆さんであれば、一発で私であると認識できますよ・・・ね?

私の中では、見た目は変われど心は同じ。別人とはヒドイではないですか!
ならばと思い、成人式の頃の別の写真で試してみました。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

Image from Gyazo

こちらも、 unknown という結果。。。

20歳から38歳までの18年の歳月で、私の外見は大きく変化。

コンピュータにさえ 判別できない 状態 になってしまったということでしょうか。

私の中では、見た目は変われど心は同じ。
人の主観だけでなく、コンピュータからも言われてしまったこの事実。

コンピュータによる客観的な判断の結果、 私の成人式の写真画像は 明らかに別人 である との結論に至りました。

成人式の写真画像がよく別人と認識されましたが、本当に別人だったようです。

お楽しみいただけましたら幸いです。
皆さんの成人式の頃の写真でも、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?