テクノロジー

2018年12月28日
  • #HTML

HTMLソースからコントローラへ値が送られる仕組み③

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=e4979afacf23ee7a327654e5020130bb3907f9d6cb3d3941b1f701751e11e403

HTMLソースからコントローラへ値が送られる仕組み③

前回はブラウザから飛んできた値をRailsアプリのコントローラで受け取る仕組み「params」について解説しました。
今回は受け取った値を、DBに保存する値だけに絞り込む作業「ストロングパラメータ」について解説していきます。

ストロングパラメータとは

まずはparamsの中身を復習しましょう。

{"utf8"=>"✓",
 "authenticity_token"=>
  "myRCVytENLX4h/xNj1fuJUda4QnaK5Nq5qzkUmND0gVim0WoPA99lQDoXQRZf8f4fqfCtaF3QY5iGeIT2BTPHQ==",
 "blog"=>{"title"=>"タイトル", "content"=>"内容"},
 "commit"=>"Create Blog",
 "controller"=>"blogs",
 "action"=>"create"}

このように実際に保存したい値以外も含まれています。

この中でDBに保存したいのはblogキーの中にあるtitleの値とcontentの値です。
そこでストロングパラメータを使ってこれらの値だけを許可して絞り込みます。
ストロングパラメータのように「許可された値だけを絞り込む」という方式をホワイトリスト方式と呼ばれます。対義語は「許可されていないものを排除する」ブラックリスト方式です。

ストロングパラメータは各コントローラのprivateエリアに「MODEL_params」と定義し、requireメソッドとpermitメソッドを使って実装するのが一般的です。

https://diveintocode.gyazo.com/b90c3afaba4f341072600351c4eb9cca

ストロングパラメータを使って許可された値だけを取得した結果

@blog = Blog.new(blog_params)

とすると@blogの中身は以下のようになるのです。

<Blog:0x007ff09d463300 id: nil, title: "タイトル", content: "内容", created_at: nil, updated_at: nil>

これをsaveメソッドを用いてDBに保存することで1つの「データ」となるのです。

なぜストロングパラメータが必要なのか

2016年現在Rails4が主流で、新たにRails5が登場しました。しかしRails3の時点ではストロングパラメータなど存在していなかったのです。
その代わりに以下のように記述していました。

class BlogsController < ApplicationController
  .
  .
  def create
    @blog = Blog.new(params[:blog])
  .
  .  
end    

しかしこれではblogという名前のキー全てを許可することになるのでセキュリティ上、危ない書き方なのです。
試しにブログのフォームにuser_idという値を仕組んでみます。

ex) フォームの中にuser_idという不正データを挿入する

<%= form_for(@blog) blogs_path do |f| %>
  <%= f.text_field :title %>
  <%= f.text_area :content %>
  <%= f.hidden_field :user_id, value: 4 %>
  <%= f.submit %>
 <% end %>

もしストロングパラメータを使用しない場合、user_idが勝手に書き換えられてしまい想定外のデータが生じる可能性があります。これをMass Assignment脆弱性と呼びます。
これを対策するためにストロングパラメータが存在しているのです。

いかがでしたでしょうか。フォームから入力してDBに保存するまでには様々な処理が行われていることがこの3回を通して感じていただけたのではないかと思います。

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?