テクノロジー

2018年12月28日
  • #HTML
  • #Rails

HTMLソースからコントローラへ値が送られる仕組み②

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=fae156130e1818089cc902a9d321efa7cca604e31a3c0b0a950ae8d45a58cc64

HTMLソースからコントローラへ値が送られる仕組み②

前回はform_forがどのようにHTMLソースになるのかを解説しました。
今回はHTMLソースから入力した値をコントローラまで運ぶ「params」の正体を解説していきます。

パラメータ(params)とは

paramsは先ほど記述したように、ブラウザからリクエストと一緒にRailsアプリケーションのコントローラに値(パラメータ)を送信するための仕組みです。

paramsを理解するには、

  1. paramsにはどんな値が乗っているか
  2. paramsの値はどんな構造を取っているか
  3. どんな時にparamsが動いているのか

を把握する必要があります。

paramsにはどんな値が乗っているか

まずはどんな値が乗っているかを確認するためにGoogleChromeの「検証」をクリックしてみましょう。
「Network」を開いてから入力、ボタンを押すとこのようにHTTP通信が発生しているのがわかります。

https://diveintocode.gyazo.com/c18d623f4b36dcb9c348d6b75d04b567

次にHTTP通信の中身を確認してみましょう。

https://diveintocode.gyazo.com/da364671d03a8f710c766498da23cf20

下までスクロールすると「FormData」があります。その中にblog[title], blog[content]があります。これによってformタグの中にあったこの両者がparamsに乗っていることが証明できました。

rake routesコマンドを実行しましょう。
URI Partternが「blogs」Verbが「POST」なので、この場合paramsはBlogsControllerのcreateアクションに遷移することがわかります。

Prefix    Verb   URI Pattern              Controller#Action
blogs     GET    /blogs(.:format)          blogs#index
          POST   /blogs(.:format)          blogs#create
new_blog  GET    /blogs/new(.:format)      blogs#new
edit_blog GET    /blogs/:id/edit(.:format) blogs#edit
blog      GET    /blogs/:id(.:format)      blogs#show
          PATCH  /blogs/:id(.:format)      blogs#update
          PUT    /blogs/:id(.:format)      blogs#update
          DELETE /blogs/:id(.:format)      blogs#destroy

paramsの値はどんな構造を取っているか

コントローラ内で、

params

と記述してみます。すると、

{"utf8"=>"✓",
 "authenticity_token"=>
  "myRCVytENLX4h/xNj1fuJUda4QnaK5Nq5qzkUmND0gVim0WoPA99lQDoXQRZf8f4fqfCtaF3QY5iGeIT2BTPHQ==",
 "blog"=>{"title"=>"タイトル", "content"=>"内容"},
 "commit"=>"Create Blog",
 "controller"=>"blogs",
 "action"=>"create"}

このように大きな「ハッシュ」の中にキーと値が入っていることがわかります。さらによく見るとキーの中にキーと値が入っているものもあります。

この中からactionというキーの値を取得したいのであれば、コントローラにて

params[:action]

とすれば、取得できます。
さらに「blog」の「title」というキーの値を取得したいのであれば、コントローラにて

params[:blog][:title]

とすれば実現できます。

どんな時にparamsが動いているのか

答えは「全ての通信時」です。
先ほどはcreateアクションを例にしたので、フォームの入力値が含まれていました。しかし他のアクションにリクエストが飛んだとしても、paramsは動きます。

試しにindexアクションに

params

と記述しましょう。すると

{"controller"=>"blogs", "action"=>"index"}

このようにコントローラ名とアクション名が取得できます。
つまりparamsは「1通信につき1片道」、ブラウザからコントローラのアクションまで運行していると言えます。

これを図解すると以下のようになります。

https://diveintocode.gyazo.com/7a40f5b7178b7d7c9a71cd10cf5cd0c3

いかがでしたでしょうか。
次回 はアクションで受け取ったparamsの中身からDBへ保存するのに必要な値だけを絞り込む作業を解説します。

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?