テクノロジー

2018年12月28日
  • #引数
  • #Ruby

引数の仕組みについて

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=41d6c4b9a8a15fdf0c57e34a3f0cfd6d9d69dfc7d30dd3c4e577039418f9597e

引数ひきすうの仕組みについて

今回は、プログラミングの基礎の基礎である「引数」について解説をします。
プログラミングを始める時一番最初に学ぶ概念の一つであるので、ここでしっかりと理解を深めてください。

引数ひきすう

引数とはメソッドの外から渡される値のことです。

例えばどんな値を入力しても、1+2しか計算できない電卓があったら嫌ですよね?
ユーザが欲しいのは1+2ではなく、入力した値を元に計算した結果です。

引数ひきすうの書き方

引数はメソッドを呼び出すときに、メソッドの横に (argument1, argument2, argument3..., argument_n) で記述します。
さらにメソッド名の横に、渡された 引数の個数 だけ 変数を定義 します。

ここでは例を2つ紹介するので書き方をマスターしましょう。

def addition(x, y)
  x + y
end

puts addition(1, 5) #引数を付けてメソッド呼び出し
puts addition(77, 290) #引数を付けてメソッド呼び出し

ここでは、引数x,yにそれぞれ具体的な数字が代入され、計算結果を出力しています。

~/workspace/dive02 $ ruby practice.rb
=> 6
=> 367

https://diveintocode.gyazo.com/8018ee29634926f67823ed08c0354be3

def valentine(man, woman, kind)
  "#{man}さんは#{woman}さんから#{kind}チョコをもらいました"
end

puts valentine("山本耕史", "堀北真希", "本命")
puts valentine("渡部建", "佐々木希", "義理")

ここでは、man, woman, kindにそれぞれ具体的な名詞が代入され、意味のある文章を出力しています。

~/workspace/dive02 $ ruby practice.rb
=> "山本耕史さんは堀北真希さんから本命チョコをもらいました"
=> "渡部建さんは佐々木希さんから義理チョコをもらいました"

以上で、引数の仕組みについての解説を終わります。
ぜひご自身でも値を操作して、引数の挙動を確かめてみてください。

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?