インタビュー

2019年10月25日

【ルワンダ受講生インタビュー】Jeanさん「起業して、社会のためになるプログラムを作る!」

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=6816c11212aaf549f8fc4cabf133da07cb969596c2ed805b992700bcf88ab2b7

2019年7月に開校した、DIVE INTO CODEルワンダ校。DIVE INTO CODE東京校から代表の野呂とメンターが1名、現地に渡航してプログラミングを教えてきました。

学習が進んで1ヶ月した頃に受講生インタビューを実施!Jean Claude DUSENGUMUREMYIさんにお話を伺いました。

難しいプログラミングも、興味があれば問題ない!

DIVE INTO CODEで1ヶ月プログラミングを学んでみて、どのようなお気持ちですか?

How do you feel with learning programming over the past month in DIVE INTO CODE?

Jeanさん「この1ヶ月で、僕はプログラミングについてちょっとできるようになった気がします。最初はRubyは初めてで何も分からなかったけど、学んでいくうちにどんどん楽しくなってきました。」

Mr. Jean “I believe I made something very strong for programming this month because it’s getting interesting even though it was my first time to see Ruby language.”

エラーメッセージについてはどうですか?また、プログラミングは楽しいですか?難しいですか?

How about the error message, and is programming fun or difficult?

Jeanさん「楽しいですが、だんだん難しくなっていくと思います。今はMVCを習い始めたところで、エラーが起きたときに、その原因を探すのがとても難しいですね。エラーが発生したら、”まず原因を突き止めてデバッグをする”の繰り返しになります。 でも、プログラミングが好きで興味があれば、問題はありません。 続けるためには、難しいことでも理解していかなければならないですしね。」

Mr. Jean “It’s fun but it’ll be difficult because, for now, entering into MVC and it’s even hard to know where the error comes from when an error occurs. So, you need to go back and see what causes the error and debug again and again. But, it’s fine when you like it and are interested in it, and of course, you need to understand it.”

ルワンダのより大きな発展を目指して

プログラミングをどのように学び、自国ではどのように活用したいですか?

How do you want to learn programming and use it in your own country?

Jeanさん「学び方については、このDIVE INTO CODEの環境は、プログラミングを学習する上で、安心できて、良い環境だと思います。
ルワンダでの活用方法ですが、実際に社会の役に立つプログラムを作りたいと考えています。ルワンダ政府はITに力を入れ始めた訳ですが、多くの業界で、プロダクトやサービスをより良くするために、プログラミングを活用することが欠かせません。例えば、今まで僕は何か書類を申請する際に、不便さがあると考えてきました。Webアプリケーションがあれば、さまざまな情報へのアクセスが簡単になり、どの業界においてもうまく活用できますよね。

Mr. Jean “Okay, how to learn programming, I believe this environment is safe and good for understanding programming.
Second, the way I want to use it in Rwanda, I want to make programs that actually help the society. Since Rwanda has started engaging technology, many sectors need to boost its production by programming as a tool to accelerate. For instance, I have tried to analyze some gaps which need to be implemented using some applications. Then with web applications, people can access data easily and that actually makes the successes in any department.”

海外のエンジニアと働くことについてはどう思いますか?

How about working with a foreign country’s developer?

Jeanさん「それはとても良いことだと思います。ルワンダが海外の国とパートナーシップを組むことは、ルワンダが世界に対し、よりオープンになることだと思います。自国に留まっているだけでは、大きな発展は見込めません。もし私たちが、例えば日本とパートナーシップを組むとしたら、知識を増やし、スキルを上げるだけでなく、経済的にも意味があると思います。」

Mr. Jean “That’s something great because, if Rwanda citizens became partners with foreign countries, I believe that is a way of opening throughout the world. Because we cannot develop when we do it only alone. If we were a partner with, let’s say Japan, it will help use by gaining knowledge, increasing the skills and even in terms of the financial mean.”

DIVE INTO CODEがビジネスモデルのひとつに!

あなたの将来の夢は何ですか?

What is your dream?

Image from Gyazo

Jeanさん「私の夢は、実はDIVE INTO CODEからも影響を受けていて、自分の会社を作りたいと思っています。プログラマーチームを結成して、自国でプログラミングについてもっと学びたいです。また、僕自身がプログラミングやビジネスの知識があり、ビジネスアイデアも豊富に持っているので、一緒に働けるプログラマーたちを見つけたら、何か生産性の高いものを作り上げたいです。」

Mr. Jean “My dream which actually reflects to DIVE INTO CODE is that I want to create my own company. And have a group of programmers and try to study in our own country. Since I understand programming and business aspects, and I have a lot of business ideas, once I find programmers, I’ll work with them and make something very productive.”

その夢が叶ったら、その次に叶えたい夢は何ですか?

If that dream came true, what is your next dream?

Jeanさん「起業の夢が叶ったら、結婚したいです。まずは夢を叶える過程でお金を生み出し、それから結婚して家庭を持ちたいです。また、若い子たちはどの国においても国を強くする源泉になると思うので、僕が力をつけさせてもらっているように、今度は大人になった僕が、若い子たちに力をつけさせてあげたいです。教育の仕組みの連鎖は、どのコミュニティにおいても、とても意味のあることですからね。」

Mr. Jean “After I realize that dream, of course, I’ll get married. So, I’ll try to touch the money from the dream and then I’ll get married, have a family. Because I believe youth is actually the strength for any nation, I’ll empower the youth as I was empowered, and that would be meaningful to any community.”

DIVE INTO CODEに一言お願いします。

Please give us some comments to DIVE INTO CODE.

Jeanさん「DIVE INTO CODEは本当に素晴らしいプログラムですので、まずは感謝を伝えたいです。ルワンダには、他にもプログラミングを教えてくれる会社(Andela)がありますが、そこに入るには選抜試験があり、門戸が狭くてとても大変なのです。しかし、DIVE INTO CODEは興味さえあれば、『自分にできると思うならやってみろ、サポートするから!』と言ってくれました。そのことにとても感謝しています。あなた方は最高だし、僕たちはあなた方のしてくれたことの素晴らしさをいつも感じています。」

Mr. Jean “First, thank you because DIVE INTO CODE is a very great program. In Rwanda, also there are some other companies but it was very hard to join. But you guys believed that as long as you have an interest, as long as you believe that you can do something, then, please show yourself, we can help/mentor you and give you directions. That’s what you guys did and really appreciate it. And my comment is that you did great and we always recognize these things you actually brought to us.”

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?