インタビュー

2019年10月25日

【ルワンダ受講生インタビュー】Peterさん「チャレンジをサポートする基金アプリを作りたい!」

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=04f09d4ed12ed46af70957c4b9ce458b4cf0da2d6010e129e9ddd030155e4936

2019年7月に開校した、DIVE INTO CODEルワンダ校。DIVE INTO CODE東京校から代表の野呂とメンターが1名、現地に渡航してプログラミングを教えてきました。

学習が進んで1ヶ月した頃に受講生インタビューを実施!Iradukunda Peter Yvesさんにお話を伺いました。

新しいことを学ぶ喜びは楽しさの極み

DIVE INTO CODEでプログラミングを勉強し始めて1ヶ月経ちましたが、お気持ちはいかがですか?

It has been one month since you started learning here. How do you feel about studying programming in DIVE INTO CODE?

Peterさん「僕たちが共に勉強してきたこの1ヶ月間で、僕はとても上達した気がします。学校では教わらなかったことをDIVE INTO CODEではたくさん学んできました。学校では、コンピューターの前にいる時間がわずか2時間しかなく、基礎しか教わらなかったんです。だから、こんなにも深くRubyを学んだこの1ヶ月で、僕はデキるプログラマーになりたい気持ちが強まりました。ありがとうございます。」

Mr. Peter “About this one month we have spent together, I have improved so much. I have gained some knowledge that the school didn’t teach me. At school, we have learned only the basics and spent only 2 hours in front of the computer. So, this month of deep study about Ruby increased my desire to be a good programmer. It’s good for me. Thank you.”

プログラミングは楽しいですか?難しいですか?

Is it fun or difficult?

Peterさん「難しくはありません。今まで知らなかったことへの理解が深まってきているからとても楽しいです。より多くのことを学び、できることが増えていくたびに、楽しくなっていくと信じています。」

Mr. Peter “It’s not difficult. It’s fun because I’m getting understanding something that I didn’t know. As I am going to make progress, it’ll be more fun.”

基金アプリを作り、新しいことを始めたい人のサポートを

どのようにプログラミングを学び、どのように自国のために活かしたいですか?

How do you want to learn programming and use it for your own country?

Peterさん「まず自分のプログラミングスキルをあるレベルまで上げたいです。その後で、母国のためになるアプリケーションを作りたいです。特にIT業界の発展に携わっていきたいです。」

Mr. Peter “First, I want to improve to a certain level. Once I reach that level, I want to build some applications that will help my country. I want to be a part of developing IT in my country.”

システムエンジニアとしてどの業界に携わりたいですか?

Which kind of sector do you want to part in as a software developer?

Image from Gyazo

Peterさん「利益を生める見込みのある何らかのプロジェクトを提案している人々や組織はいくつもあります。しかし大抵のプロジェクトは資金不足に悩まされ、現在ルワンダには、その問題をサポートできるサービスがありません。だから僕は、人々が簡単にアクセスできて、自分のプロジェクトを公開して基金を募ったり、興味のあるプロジェクトを探して募金できたりするサービスを作りたいです。そのアプリケーションは携帯などの個人の端末からアクセスでき、実際にプロジェクトメンバーに会いに行かなくとも、簡単に基金を募ったり、携帯の支払いシステムやクレジットカードなどで送金したりできます。」

Mr. Peter “There are some people and organizations who have good and viable ideas(projects) that can benefit them and the society if implemented but they lack funds in order to run that project and make it work. in our country, there is no platform that can provide funds so I want to make that platform. Individuals/organizations can access that platform and upload their project and they can demand funds to the community. And others can access it and see the projects posted on it and if they are interested in any project there, they can donate for that project. That application can collect funds using mobile money payment using phones or credit cards and users can donate on their devices without going somewhere physically to meet that project owner. “

将来の夢を教えてください。

What is your dream?

Peterさん「僕の夢は、お金を稼げるプログラマーになることです。プログラマーになったら、自分自身や家族、サポートが必要な人のために働きたいです。」

Mr. Peter “My dream is to be a programmer who can afford money enough to support myself and my family and anyone who wants some support.”

DIVE INTO CODEは天からの贈り物

DIVE INTO CODEに一言お願いします。

Please give some comments to DIVE INTO CODE.

Peterさん「なんというか…。あなた方は天からの贈り物です。ルワンダには、プロのプログラマーはあまり存在しません。だからDIVE INTO CODEがしていることは、受講生に教えているだけではなく、ルワンダの国の発展を促進していることに繋がるんです。だから僕は、DIVE INTO CODEにこれからも頑張り続けて欲しいです。本当にありがとうございます。」

Mr. Peter “It’s like… You are a gift from heaven. Because in Rwanda, there are not many professional programmers, DIVE INTO CODE helps not only the students but also the country itself. You are actually helping the development of our country. So I want to tell you that you have to keep it up. Thank you very much.”

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?