コミュニティ

2019年01月29日
  • #卒業発表会

【卒業発表会】DIVE INTO CODE!2019年1月の卒業発表会を開催しました

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=d5fc9bc5ace72eddac26c8809dad464bb7d0d36f444dea45cc34521cd594a30b

卒業発表会とは

一言でいうと、DIVE INTO CODEの卒業式です。晴れてご卒業された受講生が、卒業課題で制作したオリジナルアプリケーションを発表するイベントです。
DIVE INTO CODEは「人と人との繋がり」を大事にしているため、この卒業発表会を通じてエンジニアやエンジニアを目指す人同士で繋がって欲しい!と願っています。
そのため、現受講生はもちろん、卒業生やDIVE INTO CODE受講検討者の方にもご参加いただいています!

卒業発表会開催の目的

卒業発表会の目的は、大きく2つあります。

登壇者視点

自分の作ったアプリケーションを人前で発表し、フィードバックを受ける場とすることです。
観戦者からのフィードバックはもちろん、DIVE INTO CODE講師からのコードレビューも受けられます。

観戦者視点

どんなところが自分の学習やアプリケーション開発に活かせそうかを発見する場とすることです。
登壇者にとっても観戦者にとっても、更なるスキルアップに繋がるイベントとなっています。

2019年1月の卒業発表会開催!

実際の発表はどんな感じ?

1/26に行われた、2019年1月の卒業発表会の様子をご紹介いたします。

  • 仮想通貨のトレードを自動で行うアプリケーション
  • 釣り人のための大会情報共有アプリケーション

発表スライドを用いたり、実際に作ったアプリケーションを動かしながら発表します。

Image from Gyazo

実際に発表された2つのアプリケーションについてご紹介します。

Moment

働きながら仮想通貨トレードを行う人のための自動トレードアプリケーションです。
仮想通貨とその投資に興味はあるものの、生活時間の一部しか投入できない投資家たちに、ボットにより「仮想通貨トレードの生産性を向上」させ、「だれにでも伝統的な手法で仮想通貨トレードを行えるようにする」のがこのアプリケーションです。
制作者自身の仮想通貨トレードを自動で実現させたいという想いが詰まっていますね!

Image from Gyazo

講師からのフィードコメントはこちらです。

よかった点、印象に残っている点

  • 「なぜこのアプリを開発したのか」という点が明確に書かれており、開発者の人となりもわかるようになっている点がよかったです。
  • どのようなアプリケーションで、どんなメリットがありそうなのか、がトップページに記載されていて好印象でした。
  • スタイルガイドに沿ってコーディングができており、卒業生の模範です。この調子でガンガン行きましょう!

・・など

不明瞭だった点、疑問に感じた点

  • 新規登録がエラー画面でできませんでした。

・・など

エンジニアとして真似したい点

Sidekiqというgemを取り入れるなど、新しい技術に対する貪欲さ

釣りカラ

“ちょっと大会にでてみようかな”と気軽に大会に参加できるアプリケーションです。
全国の釣り大会情報を知ることができ、ユーザー同士がコミュニケーションをとることができます。
魚をイメージさせる青のデザインが統一されていて、制作者の釣りへの愛が伝わってきますね!

Image from Gyazo

講師からのフィードバックコメントはこちらです。

よかった点、印象に残っている点

  • ヘッダやサイドメニューなど、画面レイアウトが整っていて安心感がありました。
  • サカナのイラストや色味が釣りを連想させてくれて、わかりやすいと感じました。
  • コーディングのスタイルについての乱れが少なく、しっかりと意識して記載しようと心がけていることが伝わってきました。この調子で、現場でもさらに磨いて欲しいです。

・・など

不明瞭だった点、疑問に感じた点

  • ホーム画面でスライドの画像の縦サイズが揃っているとさらによかった。
  • 検索のカテゴリ選択がそれぞれどのような粒度のもので、どう違うのかが、直感的によくわかりませんでした。
  • Twitterのリンクボタンが表示が外れてしまっており、見にくくなっていました。
  • 大会一覧が表示されるのはわかったのですが、どのような大会で、どんな雰囲気なのか、行きたくなるイメージがわきませんでした。写真画像が表示されたり、参加している人の顔や声が載っていると良いのではと感じました。

・・など

エンジニアとして真似したい点

作業用のブランチをきって開発を進めるなど、実務を意識している姿勢

お待ちかねの卒業パーティ

発表終了後にはご飯やお酒を持ち寄って卒業生との交流パーティを開催!
今回はお肉や海鮮が多く、栄養的にもバランスの良い会になりました。

Image from Gyazo

このパーティでは、卒業生と現受講生が繋がっていきます
現受講生が就職活動について卒業生に質問したり、卒業生が学習方法についてアドバイスするなど、大変盛り上がります。
これから受講する方も多く参加しており、先輩方と繋がったり、学習のモチベーションを上げる良い機会になったようです。
「実際受講してどんな感じですか?」や「どこまでカリキュラム進んでますか?」などの会話が聞こえてきたり、就活の状況を共有し合う会話などが聞こえてきました。
また、受講検討中のかたの参加もOK!ぜひDIVE INTO CODEの大切にしているものや受講生の雰囲気などを感じ取っていただけたらと思います。

Image from Gyazo

最後に

エンジニアを目指しているみなさん!
DIVE INTO CODEの卒業発表会に遊びに来て、DIVE INTO CODEの受講生や卒業生と繋がってみませんか?

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?