コミュニティ

2018年11月01日

RubyWorld Conference2018 開催!

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=c14cbfd1f600c6945a5c044958403e3b155fedee96cab02bd6f7361508a8a18b

RubyWorld Conference 2018に参加してきました!

2018年11月1日(木)・2日(金)で開催されるRubyWorld Conference 2018。

そのスポンサーを務めるDIVE INTO CODEはRuby発展の一助を担うべく、代表の野呂が東京から開催地の島根県へ飛びました!

RubyWorld Conferenceとは?

登場直後から開発者の気持ちや心の部分を重視してきたRuby。

そのRubyのさらなる普及・発展とビジネス利用の促進を目指して開催されてきたRubyWorld Conferenceは、今年なんと10周年の記念の回なのです。

Rubyを教えるDIVE INTO CODEも、その発展のためにスポンサーとして参加しています。

Image from Gyazo

DIVE INTO CODE代表の野呂が、RubyWorld Conference 2018に乗り込みます!

島根県に向けて出発!

朝早く出発して、島根県松江市にある島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」へ向かったDIVE INTO CODE代表の野呂。

ヤル気満々です。

くにびきメッセが見えてきました!

Image from Gyazo

テンションが上がりますね!

会場入りし、開会を待ちます。
すでに会場は多くの人!

初日はこのようなスケジュールで進んで行きます。

Image from Gyazo

Image from Gyazo

Image from Gyazo

どんな話が聞けるのか、開会前からワクワクがとまりません!

RubyWorld Conference 2018開始です

いよいよ始まりました!

松江市副市長による、市を興していく決意表明などの公人の挨拶が続きます。

松江オープンソースラボなど、松江市は日本でも珍しいTechでの振興に成功している市ですね!

まつもとゆきひろさん基調講演!

Image from Gyazo

そしていよいよ、Rubyの産みの親、まつもとゆきひろさんの基調講演です!

まつもとさんの言葉。

「ただ、楽しいからつくった!世の中にはたくさんのプログラミング言語がある。誰かが、数値計算とかOS管理とかしたいと思ってつくったもの。誰かの意図でつくられているのなら、自分でつくってもいいんじゃないかな?と思った。」

開発の仕事があるから使うのではなくて、楽しいから使う、なんて素敵なんでしょう。

多くのひとと交流すべく、張り切ってます!

ランチタイム中の協賛企業によるショートプレゼンテーションにはあの方が!

まつもとさんの基調講演がおわるとランチタイムです。

ランチタイム中には野呂もよく知るあの方の姿が!

そう、メドピア株式会社の福村 彰展さんです!福村さんは先日開催されたDIVE INTO CODEのDEMODAYの審査員を務めてくださった、DIVE INTO CODEとは縁の深い方なのです。

また、メドピア株式会社はDIVE INTO CODEのリクルーティングパートナーでもあり、就業説明会にもお越しいただいたことがあります。

DEMODAY開催地の渋谷から遠く離れた島根の地で、またお会いしましたね!

Railsチュートリアルで有名なあの方も!

午後の講演では、YassLab株式会社 安川 要平さんの講演がありました。

Image from Gyazo

YassLab株式会社もDIVE INTO CODEのリクルーティングパートナーであり、安川さんにはDIVE INTO CODE初期の頃から色々とお世話になっているのです。

その後も興味深い講演が続きます。

Image from Gyazo

フェリス女学院学生によるRWCロゴデザインコードが発表されました。

フェリス女学院は文系の大学ですが、その学生たちが取り組んだプロジェクトはとても興味深いです!

プログラミングは理系のものだという固定観念がありますよね。文理というものは何か物事に挑戦する際に諦める理由にする人が多いですよね。やってみると、できるものなんです。

お土産も忘れずに!

Image from Gyazo

毎回野呂がおみやげに買ってきてくれるRubyラーメン!まつもとさんのサイン入りです!

今年もDIVE INTO CODEのメンバーは楽しみにしています!

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?