コミュニティ

2019年11月07日

【イベントレポート】RubyWorld Conference 2019に参加いたします!

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=96dd9e437242a2fc62e66c43575e96462f8e692392f11f73a74e6df35a875c13

2019年11月7日(木)・8日(金)に島根県松江市の島根県立産業交流会館 「くにびきメッセ」 国際会議場で開催される、RubyWorld Conference 2019。RubyWorld Conference で島根を訪れるのは4回目になるDIVE INTO CODE代表の野呂。今年はブースも出展し、皆様をお待ちしております!

RubyWorld Conferenceとは

Image from Gyazo

Rubyのさらなる普及・発展とビジネス利用の促進を目指し開催されるイベントです。2009年に開催された第1回のときには、まつもとゆきひろ氏とTim Bray氏(当時 Sun Microsystems)の基調講演が行われ、延べ1,092名の来場者がありました。2018年に10周年を迎え、今年2019年は第11回目を迎えます。

RubyWorld Conferenceの公式サイトこちら

RubyWorld Conferenceの沿革(RubyWorld Conference2018の公式サイト内「10周年記念」)のページこちら

いざ、島根へ!

RubyWorld Conference 2019の開催に先立ち、11月6日(水)に開催されるウェルカムパーティーに参加すべく、島根へ向けて出発いたしました。
羽田空港から同じ島根行きの飛行機に乗られる方の中に、すでに著名な方々がちらほら…東京を発つ前から、RubyWorld Conference 2019への気持ちが高まります!

Image from Gyazo

出雲縁結び空港では素敵なお出迎えが!

1時間20分程のフライトで出雲縁結び空港に到着。空港は出雲や縁結びにちなんだ趣向が凝らされいています。ハートの水引をかたどった自動ドアが可愛らしいですね!

Image from Gyazo

そんな空港の出口には、なにやら神様のような方々が…
実は、ちょうど出雲では神在月のお出迎えイベントが実施されている最中!全国から出雲へ八百万の神々をお出迎えする日にあたり、出雲大社近くの「稲佐の浜」では神迎神事(かみむかえ)が行われたそうです。出雲空港でのお出迎えイベントもその一環だったそうです。

Image from Gyazo

出口でいただいた袋の中には、島根の観光情報やおみくじが!

Image from Gyazo

おみくじの結果に合わせて、マグカップやしじみラーメン、干し柿をいただきました。

Image from Gyazo

夜はウェルカムパーティーでたくさんの方々と交流

18時からは、松江の蓬莱吉日庵というお店でのウェルカムパーティーに参加いたしました。ウェルカムパーティーでは、島根の名物料理の数々が振る舞われ、ゲストスピーカーなどRubyWorld Conference 2019のご参加者が一堂に会しました!

Image from Gyazo
(まつもとゆきひろ様のご挨拶)

奉書焼きなどのお料理を囲み、いろいろな話に花が咲きます。
普段どのようなお仕事をしているのか、Rubyにはどのくらい関わっているのか、今後の展望など、RubyWorld Conference 2019の本番を前にご参加者同士が交流を深める貴重な機会となりました。

Image from Gyazo

弊社代表の野呂も、株式会社ネットワーク応用通信研究所の代表取締役の井上 浩様や、2日目に基調講演をされるNadia Odunayo様とお話することができました。

Image from Gyazo
(株式会社ネットワーク応用通信研究所の代表取締役の井上 浩様)

Image from Gyazo
(まつもとゆきひろ様)

Image from Gyazo
(左から2番目:Nadia Odunayo様)

明日からいよいよRubyWorld Conference 2019開催!

RubyWorld Conference 2019の1日目には、DIVE INTO CODEの社員の石橋が協賛企業のショートプレゼンテーションを行い、2日目には代表の野呂が 「世界で通用するRubyプログラマ育成手法」というテーマで登壇いたします。

その様子もまたご報告しますので、皆様、どうぞお楽しみに!

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?