アフリカ

2019年02月21日
  • #海外メンター
  • #ルワンダ

初の現地ルワンダ人メンターRobertくんにインタビューしました

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=66368081357f32dbf651f170bd8aa5e5e9e9e81e0819e566419b3b57617403f1

現地ルワンダから在宅勤務で日本人受講生向けの質問対応に取り組んでいる、初の海外メンターRobertくんに、Global担当齋藤がオンラインでインタビューしました。Robertくんはアフリカ受講生一期生であり、今はOJTを通じてメンター業務を学んでいます。彼のDIVE INTO CODEに対する想いを聞かせてもらいました。

Saito in charge of Global Unit interviewed with Robert, the first global mentor working on answering questions from Japanese students remotely in Rwanda. He is one of the first graduates from DIVE INTO CODE, and now he is learning to teach students through on-the-job training. I asked him about his ideas on our company.

Image from Gyazo

齋藤「DIVE INTO CODEについて、どんな印象を抱いていますか?」

Saito “How do you find DIVE INTO CODE?”

Robert「社員さんたちが支え合って働いている素敵な会社だと思います。僕が何か間違えた時にはアドバイスもくれますし、皆さん気にかけてくださいます。指導担当の方がお休みの時には社長まで協力して助けてくれました。社員さんの中には英語が完璧でないと感じる人もいますが、英語はコミュニケーションツールに過ぎないのであまり気になりません。」

Robert “I think DIVE INTO CODE is amazing, having good people. They help each other, and love each other. When I make a mistake, they give me advice, and everybody takes care of me. When the instructor is off, even the CEO helps me. Some members are not perfect at English, but I don’t care because it is just a communication tool.”

ルワンダメンターとのコミュニケーション

言葉の壁も、様々な翻訳アプリによって解決しています。
弊社メンバーはRobertくんに主に英語で話しかけますが、Robertくんは日本語で業務ができるよう、様々な翻訳機能を駆使し努めてくれています。生徒さんとはもちろんのこと、他のメンターとも適宜日本語でコミュニケーションを取りながら働いています。

We solve language problems with translation applications.
Our members talk to Robert mainly in English, but he tries to work in Japanese using translation methods. He communicates with the students in Japanese, and sometimes with the mentors in Japanese as well.
Image from Gyazo

齋藤「DIVE INTO CODEのルワンダ展開は代表野呂による首都キガリでの一回のセミナーで始まりましたが、Robertくんはそこに参加したのがDIVE INTO CODEとの出会いだったんですよね。当時の様子について聞かせてください。」

Saito “Our business in Rwanda started with a seminar by Mr. Noro in Kigali, and you encountered DIVE INTO CODE by joining that, right? Please tell me about the event.”

Robert「大学生がたくさん参加していました。授業の後には野呂さんのビジョンについて聞きとても好印象を抱きました。特にDIVE INTO CODEカリキュラム卒業後就職まで支援してくれるというのが魅力的で、セミナー参加者は全員カリキュラムに登録していました。その後ランチに誘ってもらいましたが、そこでは野呂さんの右隣に座って話しかけたのを覚えています。」

Robert “There were so many university students. After the lecture, Mr. Noro talked about his vision, and I had a very good impression of him. I was especially attracted by the job opportunity after graduation, and every attendant registered to the curriculum. He invited us for a lunch and I talked to him sitting on the right side of him.”

齋藤「カリキュラムを卒業しメンターとして働き始めましたが、苦労していることはありますか?」

Saito “You have graduated from the curriculum and now you work as a mentor. Do you face any challenge?”

Robert「OJTが終わって指導担当の方なしで働けるようになるまでは日本の勤務時間に合わせて働くので、時差との戦いですね。シフトは選べますが、朝5時から入っている日もあります。早寝して7時間は寝るようにしていますが。」

Robert “Until I finish the training and get independent, I need to work when Japanese mentors are working, so the time difference is the challenge. I can choose when to work, but I sometimes work from 5:00 in the morning. I try to sleep for 7 hours by keeping early hours.”

齋藤「遅刻したことがないのが素晴らしいです。」

Saito “I’m amazed you’ve never been late.”

OJT終了後は日本人メンターが休んでいる間Robertくんが質問対応をし、DIVE INTO CODEの質問対応可能時間が大幅に伸びることが期待されています。

Robertくんは家族と一緒に住んでいます。DIVE INTO CODEのシフト時間になると自分の部屋にこもり、”Do not disturb”プレートをドアに掛けるそうです。

After finishing the training, he will work when Japanese mentors are off, and DIVE INTO CODE will be able to answer questions for much longer time.

Robert lives with his family. When he is at work, he uses “Do not disturb” plate to concentrate on work in his room.

Image from Gyazo

プログラミング教育が雇用機会へ

Robertくんは今薬局で働きながらDIVE INTO CODEでもパートタイムで働いていますが、最近起業家からIT関連のサポート依頼が来て、もう一つ仕事ができそうだと報告してくれました。
DIVE INTO CODEで学んだRuby on Railsを使って会社ウェブサイト立ち上げを手伝うのだそうです。

He is now working at a pharmacy as he works in DIVE INTO CODE for part time, and now he is going to get another job from an entrepreneur who needs an IT manager.
He is planning to start a corporate website using Ruby on Rails, which he learned in DIVE INTO CODE.

RobertくんはDIVE INTO CODEでの学びを活かし、失業率が課題のルワンダで3つの収入源を手に入れようとしています。

この調子でより多くの人のチャンスを拡げられるよう、IT教育の機会を広めていきたいと思います。

Born in Rwanda, where high unemployment is the social problem, Robert is going to have 3 sources of income with knowledge he gained from DIVE INTO CODE.

We will keep spreading the IT education opportunity so that we will give the chances of success for more and more people.

Image from Gyazo

ライター:齋藤純子(さいとう・すみこ)
東京外国語大学・英語専攻
世界平和への憧れから、国境を超えて人々を繋ぐ英語の存在に惹かれ外大英語科に進学。教職課程にて教育の持つ影響力を学ぶ。2017年8月外務省国際機関人事センターにてインターンを経験し、国際協力の在り方について学ぶ中、アフリカ経済に貢献するビジネスに関心を持つ。同年10月1日より、DIVE INTO CODE Global Unitインターン。教材の英語翻訳、ABEイニシアティブインターン受け入れを担当。

Sumiko SAITO
Tokyo University of Foreign Studies, English Major
Majors in English because of interest in English, which connects people all over the world. Learned about the impact of education through the teacher training course. Internship at the department for human resource of international organizations in the Ministry of Foreign Affairs of Japan in August 2017. Through learning about international cooperation, got interested in business for Africa. Intern of Global Unit, DIVE INTO CODE Corp. since October 2017. Translated the curriculum and welcomed ABE Initiative interns.

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?