株式会社DIVE INTO CODEは、特定非営利活動法人WELgeeと、日本にいる難民認定申請者を対象としたプログラミングスキル研修プログラムについて、協働合意書を締結いたしました

2019年07月06日

全体

株式会社DIVE INTO CODE(東京都渋谷区、代表:野呂 浩良)は、特定非営利活動法人WELgee(東京都渋谷区、代表:渡部 清花)と、日本にいる難民認定申請者が日本の労働市場において自らの価値を発揮する機会創出のためのプログラミングスキル研修プログラムについて、協働合意書を締結いたしました。

Image from Gyazo

■協働合意書の概要

協働合意書の内容としては、DIVE INTO CODEはWebエンジニアコースのカリキュラムを提供いたします。一方、WELgeeは受講生の募集や選考をサポートし、受講生へのパソコンの貸与や学習のフォローアップ、それに伴う広報活動を行います。

私たちはDIVE INTO CODE東京校とルワンダ校で培ったノウハウとオンライン教育を通して、国籍に関係なく、日本にいる難民認定申請者が自らの価値を発揮する機会創出をサポートいたします。

■協働合意書の目的

DIVE INTO CODEは、人種、国籍、年齢、職歴、学歴の壁を越えて、すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会を目指し、日本国内にとどまらず世界中のどこでも受講ができるオンラインでのコース提供、卒業生による受託開発サービスや企業への就職サポートなどの様々な施策を推進しています。
当該協働合意書により、私たちは日本にいる難民認定申請者が未来を生き抜くためにプログラミングスキルを身につけ、日本の労働市場における活躍の機会創造や彼らの祖国や世界の平和構築を担うチェンジメーカーを輩出するシステム構築を目指します。

■DIVE INTO CODE とは

「プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる」をビジョンに掲げ、Web/機械学習エンジニアとして就業することを目指す人を対象としたITエンジニア育成スクール。2015年10月よりスクール事業を開始。現在までに、累計で約4,000名がセミナーやスクールを受講。Webエンジニアコースと機械学習エンジニアコースを提供。

■WELgeeとは

NPO法人WELgeeは、日本にいる難民申請者の社会参画とエンパワーメントを目指す非営利団体です。OECD諸国の中で最も厳しい難民認定率の日本で、難民認定に頼らない方法で、難民たちが自身のキャリアや人生の目標を追求できるような『キャリアチャンネル』の創出を、民間セクターとの協働を通じて目指しています。WELgeeは、難民申請者への一方的な支援ではなく、当事者とともに(=with)活動をすることをモットーにしています。難民申請者が日本社会へと繋がるための対話の場である「Talk with」、緊急で住む場所を必要とする難民申請者を迎え、次への一歩を一緒に考える「Live with」、そして働くことを通じて自らの専門性や経験を生かす「work with」の3つの柱で事業を展開しています。

■本件に関するお問い合わせ先

DIVE INTO CODE 事務局 担当:丸田
E-mail: cs@diveintocode.jp TEL: 03-5459-1808 FAX: 03-5459-1809