DIVE INTO CODEとルワンダのICT商工会議所は、開発言語Rubyによるプログラミング学習と就職支援を推進するプログラミングスクール設立について協働合意書を締結いたしました

2019年04月22日

全体

株式会社DIVE INTO CODE(東京都渋谷区、代表:野呂 浩良)は2019年4月18日、ルワンダのICT商工会議所(ルワンダ共和国キガリ市、代表:Alex Ntare)と、Ruby言語のプログラミング学習と就職支援を推進するプログラミングスクール設立について協働合意書を締結いたしました。当該合意書によって、ルワンダにおいてICTの教育に基づいた就職の機会を創造し、現地若者の自立支援を確実なものとするエコシステムを共に構築します。株式会社DIVE INTO CODEは、この協働合意書の締結にあたり、株式会社La torche(ラトルシェ)(東京都千代田区、代表:秋間 早苗)と協働して締結に至りました。

Image from Gyazo

■協働合意書の概要

1994年のルワンダ大虐殺という悲劇で有名ですが、ルワンダでは近年、アフリカ一の「IT立国」を目指した国を挙げた活動が注目を集めています。

積極的に新しいテクノロジーの導入に挑戦し、めざましい発展を遂げているルワンダの首都キガリには国内外のITベンチャーも集結しており、一見たくさんの新しい仕事が生まれているかのように見えますが、実際には若者の失業率が非常に高く、4年制の大学を卒業しても月収100ドルの職を得ることさえ難しいという現状はあまり知られておりません。

ルワンダのような新興国に限らず、ITの学びを活かして就職し自立するためには、どうしても実践的なOJT(On-The-Job Training = 実際の業務を通じた訓練)の機会が必要となります。

ルワンダ国内で圧倒的に不足している、OJTの機会提供の場となる「就職機会」と「仕事」に着目し、私たちDIVE INTO CODEは2017年8月から、IT教育と雇用の分野において、「学び」が「仕事」に繋がり「自立」にも繋がるよう、持続可能な仕組みづくりをルワンダで実証し、アフリカ全土に広げるための活動を続けてまいりました。

事業の最終目的に「すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる」を掲げ、新しい自立支援のエコシステムを創造することで、熱意をもってITを学ぶルワンダをはじめとしたアフリカの若者たちにもっと活躍の機会を提供したい。しかし、そのためにはまず教育を行う場所が必要であり、プログラミングスクールの運営を支えるリソースも必要でした。

DIVE INTO CODEは、これまでに自社のリソースを中心に地盤作りを行ってまいりましたが、このたび、ルワンダ政府の支援も得られることになり、本格的に実証を進めるフェーズに入りました。

協働合意書の内容としては、DIVE INTO CODEの代表の野呂や社員のメンターがルワンダへ赴き、受講生に対して開発言語Rubyのプログラミング学習を提供し、一定の条件を満たしたルワンダの卒業生にプログラミングスクールのメンターや開発のOJT研修生としての仕事を保証します。一方、ICT商工会議所は現地での受講生の募集やフルタイムでスクール運営を行う会場の提供、運営をサポートいたします。

私たちはDIVE INTO CODE東京校で培ったノウハウとオンライン教育を通して、ルワンダからアフリカ全土へと「人生は自分で切り拓ける」という希望を広げていきます。

■協働合意書の目的

DIVE INTO CODEは、人種、国籍、年齢、職歴、学歴の壁を越えて、すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会を目指し、日本国内にとどまらず世界中のどこでも受講ができるオンラインでのコース提供、卒業生による受託開発サービスや企業への就職サポートなどの様々な施策を推進しています。
当該協働合意書により、私たちはルワンダをはじめとしたアフリカの若者たちにプログラミング教育を提供し、確固たる雇用機会や自立支援を創造するエコシステムの構築を目指します。

■DIVE INTO CODE とは

「プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる」をビジョンに掲げ、Web/機械学習エンジニアとして就業することを目指す人を対象としたITエンジニア育成スクール。2015年10月よりスクール事業を開始。現在までに、累計で約4,000名がセミナーやスクールを受講。Webエンジニアコースと機械学習エンジニアコースを提供。

■ルワンダICT商工会議所(Rwanda ICT Chamber)とは

ルワンダ国の情報通信技術の発展を目的として2011年8月に設立された民間企業連合体。ルワンダ政府とのハブとして国内の業界育成、人材育成事業に取り組む。

■株式会社La torche(ラトルシェ) とは

事業を通じた持続可能な国際開発・エンパワメントを目的として、新興国における事業開発プロデュースを手がける。アフリカ・アジアでの事業開発のみならず、クラウドファンディングを使った事業開発支援事業、国際人材育成事業も展開する。※サポート企業として本事業のクラウドファンディングの実施支援も行う。

■本件に関するお問い合わせ先

DIVE INTO CODE 事務局 担当:丸田
E-mail: cs@diveintocode.jp TEL: 03-5459-1808 FAX: 03-5459-1809