ご入校を検討中の方へ卒業生からのメッセージ

2018年03月14日

コラム

DIVE INTO CODEの卒業生から、現在受講を検討されている方へメッセージを頂きましたので、是非、ご参考ください。興味を持たれた方は、まずは、無料説明会にご参加ください。
 
※無料説明会 https://diveintocode.jp/
 
「躓くことが多いと思いますが継続しつづければ必ず自分の中にコアができます。みんな最初は素人です。メンターのかたがたにサポートしていただきながら、なんとかゴールに辿り着いて大きな力を手に入れてください!」
 
「エンジニアに転向したいけど、何していいかわからない」という人にはDIVE INTO CODEはおすすめです。未経験からでも転職できるレベルまで到達できます。渋谷にはたくさんプログラミングスクールはありますが、メンターのレベルがここまで高いスクールはなかなかないと思います!ぜひご受講を!」
 
「単にプログラム研修をすること以上に、サービス企画やチーム開発スキルの習得ができるため、他の言語を利用したい方でも受講されることをお勧めする。」
 
「ヤル気があればゼロからでも形が見えるものを作ることができますので、知識だけではない体験型のスキルアップができると思います。」
 
「今後プログラミングが、パワポやExcel並に一般的になっていくと思います。その際に「プログラミングなんて分からない」というオッサンにならないようにしたい方はオススメです。3~6か月で、「プログラミング分かる人」側に行けます(笑)」
 
「エンジニアとして就業をしたいと思っていなくとも、受講して損はないと感じます。卒業後もカリキュラムを閲覧できるため、学ぶ意欲さえあればいくらでも吸収できる環境を用意してくれていると思います。」
 
「単に言語の勉強だけではなく、それを使って何ができるのか、というところまでよく考えられています。そのためその先がイメージしやすく、学習もモチベーションを保ったまま続けることができます。最後に頑張ることができるのは結局自分次第とは言いますが、ここはその自分が頑張ることができる環境を間違いなく提供してくれます。」
 
「DIVE INTO CODEは、失礼を承知で言わせてもらえば、まだまだプログラミングスクール業界での知名度は他社には及ばないと思います。新しいスクールで、歴史も浅いです。(自習室は綺麗になりましたが)、まだまだ洗練されていないところも少なくないと思います。 ですが、それがDIVE INTO CODEの良さだと私は思っています。私は著名な某スクールの説明会にも行きましたが、業界で知名度が高い奢りがあったのか、たまたまその日の担当者が直前に嫌なことがあったのか、正直あまり感じがよくなかったです。対して、その後に説明会に行ったDIVE INTO CODEではとても誠実に対応して頂いたのが印象的でした。 プログラミングを学ぶとうい意味では、どのスクールでもカリキュラム内容はある程度似てくると思います。対して、スクールの雰囲気やメンバーの人柄等のソフト面というのは、各々良くも悪くも個性の違いが大きく出るところだと思います。そして、その違いは軽視できないというのが私の意見です。 私は、受講生が本気で向き合えば、DIVE INTO CODEは、杓子定規にビジネスライクに偏らず、個々の受講生にきちんと向き合ってくれると思います。プログラミングというのは楽に学べることではないと思いますが、出来るようになるときっと人生の幅が広がります。プログラミングで実現したい”何か”がある方、ぜひ一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。」
 
「漠然とエンジニアになりたいと思っている方はまず入ってみることをおすすめします。コードを書くことだけがエンジニアの仕事ではありませんがコードを書けなきゃエンジニアではありません。自分に合っているのか、合っていないのか、就業説明会も開催されているので見直すいい機会になると思います。やってみなければわからないのですから。必ず今後の人生に活きるスキルが手に入ります。挫けても、自分の未来のために、やりたいことのために頑張ってください。」
 
「自分ができること、やりたいこと、得意なこと、人脈など、苦手なことも含めて、目に見えないリソースをはっきりと自分の中で使えるカードとして認識しておいて、どのように組み合わせれば目標が達成できるかということを考えて欲しい。そういう視点に立ったとき、使えるカードの種類の多さでは、DIVE INTO CODEは他のプログラミングスクールと比べても強い競争力を発揮しているはずです。」
 
「DIVE INTO CODEでの経験は、プログラミングを含む広大なITの世界への入り口に立たせてくれます。作りたい何か、やってみたいアイデアがある人はぜひ受講してみてください。実現の糸口になると思います。コース内容もそれ以外も得られるものが非常に多く、卒業後の今振り返っても他のスクールを選ばなくて本当に良かったと思っています。表現は適当じゃないかもしれませんが、それくらいおすすめできるスクールです!」
 
「卒業するのは本当に苦労しますが,卒業することができれば現場で活かせる知識やスキルが確実に身につきます.是非とも本気で取り組んでみてください.少しずつ、コツコツが肝心だと思います。がんばりましょう。」
 
「本気で取り組めば、絶対にDIVE INTO CODEからの就業可能です! しかし、本当に自分はITやプログラミングに抵抗がないのか?や、 いつまでに就業する!などの目標がないと、モチベーションが維持できないと思います。 まず、ドットインストールなどでオンラインサービスで実際にやってみて、 更に学びたいかどうかなどで自分に適性があるかどうか見極めてみるとよいかと思います。(エラーに出くわした際、自力解決するまで頑張れるかなど) 後、現職はとりあえず、できれば辞めたほうが、いつまでに就業する!という背水の陣が敷けるのでいいかもです・・・」
 
「まちがいなく受講してOKです!よくある学習だとなかなか成長が感じられないものですが、DICはスピード感をもってギンギン感じます。あんな別世界と思っていたITの世界が一気に広がる感覚です。こっそりとDICのノウハウを頂戴して教育ビジネスを狙っていますので、すみません!(笑)もし迷っていたその方を説得したいです!人生が変わるきっかけになります。」
 
「一人でアプリを作れるようになって、いろんな現場でお試しするのがいいと思います。スクールを受講さえすれば簡単にスキルや付いたり、転職ができるとは安易に考えないでください。努力したり、時間を費やす決意が必要です。DIC は技術取得からエンジニア就業までをサポートしてくれるスクールです。 Web系エンジニア転向を本気で目指すのであれば、おススメします。 ただし、「お金を払ったのだからそれくらい当然」のような受身のスタンスの方は、お金と時間を無駄にするだけですので、入校を諦めたほうが懸命です。 何が何でもエンジニアになってやるくらいの気概がある方は、検討してみてはいかがでしょう?」
 
「DIVE INTO CODEで学習することで、エンジニアとして就業するうえで必要なことを一通り習得することができます。特にアラサー世代(現在27歳以降)からのエンジニア転職をお考えの方は是非とも受講すべきであると思います。」
 
「DIVE INTO CODEは、転職先紹介以外の技術的フォローもあり、卒業後の支援が他のスクールに比べて手厚いところが魅力だと思います。 これからもより、良いサービスになっていくと思うので、スキルの獲得だけでなく本気でエンジニアになりたいという思いの強い人には、優しいだけではないですが、良い環境ではないかと思いました。」
 
 
DIVE INTO CODEに興味を持たれた方は、是非、無料説明会にご参加ください。
卒業生が皆様へ熱いメッセージを送った理由が分かるはずです。
 
※無料説明会 https://diveintocode.jp/