[学習方法] DIVE INTO CODEでの学習ってどのようにすすめて行くの?

学習方法

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=15d0dcd9c6e922fc91d9c2a84830417828061af3b6dc2b8518f36b975b8bd9f9

学習の進め方

DIVE INTO CODEでの学習の基本は、「DIVER」と呼ばれるオンラインテキストを進めていただくことです。
「DIVER」はカリキュラムに沿って Term > シリーズ > 単元 > テキスト の順で構成されています。

Image from Gyazo

カリキュラムはコースごとに異なっています。
詳しく確認してみたい方は、こちらをご覧ください。

Webエンジニアコース就業達成プログラムカリキュラム

Webエンジニアコース新規事業創造プログラムカリキュラム

機械学習エンジニアコースカリキュラム

※Webエンジニアコース6ヶ月プランは、Webエンジニアコース就業達成プログラムとWebエンジニアコース新規事業創造プログラムに共通する入門Termと基礎Termのみ学習します。
※Webエンジニアコース6ヶ月プランについてはこちらをご確認ください

一つのテキストは3~5分程度で読了することができます。
テキストの内容を理解できたか、確認のための小課題が設定されているテキストもありますので、実際にコードを書いてプログラムを動かしながら進めていきましょう。

課題の進め方

単元やシリーズごとに、提出が必要な課題もあります。
課題はその単元やシリーズの中で学習したことを、自分の中で体系的に理解しアウトプットしないと突破できません。

例えばRubyシリーズのシリーズ課題は「用意されたRubyを使用してじゃんけんアルゴリズムを作成する」
というものです。

Image from Gyazo

断片的な知識やコピーペーストではできない課題です。
もちろんわからない時はメンターにどんどん質問してください。
しかしもちろん、メンターは答えは教えてくれません。受講生自身が理解して課題を突破できるよう、ヒントをくれながら伴走します。

授業に向けて

フルタイムは毎日、パートタイムは隔週でワークがあります。
授業では主に、今まで学習したことのアウトプットをワーク形式で行います。
同期やメンターと一緒にペアプログラミングなど行います。
ペアプログラミングを行うことで、自分では気がつかなかったケアレスミスを素早く指摘してもらったり、
「こんな書き方があるのか!」と気づきや発見を得ることができます。
それぞれのワークまでに、決められたテキストまでなんとか終わらせるようにがんばりましょう!

一覧にもどる

無料カウンセリングお申込受付中


Web/機械学習エンジニアへの就業やキャリア相談、 サービス内容に関するご質問にお答えします。


あなたもDIVE INTO CODEで新たな一歩を踏み出してみませんか?