社会人の習い事で人気のプログラミング。プログラミングスクールの卒業式に潜入してみた

卒業

プログラミングスクール

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=d4a183d30b1774d3459a7e400d341345d9b3ab0615eb681460babab5939b2fdc

プログラミングスクールの卒業式とは

最近では習い事としてプログラミングが人気となってきています。DIVE INTO CODEでは習い事ではなく本気でエンジニアを目指す人が多く集まっています。そんな本気な人が無事卒業し成果を発表するイベントが開催されました。

DIVE INTO CODEでは卒業発表会と呼んでいます。
卒業した受講生が、卒業課題で制作したオリジナルアプリケーションを成果として披露します。現受講生はもちろん、DIVE INTO CODEをご検討されている方も観戦が可能です。

実際の発表はどんな感じ?

9月末に行われた、2018年度3月入学の受講生様の卒業発表会の様子を少しご紹介いたします。
楽器のシェアリングをするアプリケーション、イベント管理のアプリケーションが発表されていました。
Image from Gyazo

写真に写っている楽器のシェアリングサービスでは、楽器を借りたい人と借したい人のマッチングが可能です。マッチング後は、メールにて出品者とのコミュニケーションが可能です。あなたのお家に眠っている使っていない楽器もこのサービスを利用すれば、使いたい人に届きます。
Image from Gyazo

発表スライドを用いたり、実際に作ったアプリケーションを動かしながら発表します。自分の作ったアプリケーションを人前で発表し、フィードバックを受ける機会は貴重なものです。
卒業に向けて頑張っている現受講生も自分のモチベーションを上げるために参加しに来ていました。卒業生からの現受講生に向けてのメッセージもありました。

Image from Gyazo

発表終了後には、卒業パーティを開催

ご飯やお酒を持ち寄って、卒業生との交流パーティをしました。このパーティでは、卒業生と現受講生が繋がっていきます。学習方法や就職活動についてなどの話題で盛り上がっていました。女性の参加者も何人かいてみなさん和気あいあいとしています。土日の夜に開催することが多いので社会人の方も安心して参加できます。

Image from Gyazo

最後に

オリジナルアプリケーションの発表会や、受講生同士の交流のイベントを開いているスクールは数少ないです。
プログラミングスクールをご検討されている方はスクールの雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか?

一覧にもどる

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?