利用規約



-第1章 総則-

第1条 本校の名称と目的

本校は,DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)と称し,「すべての人が,テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる」ことをミッションに掲げ,人材教育を行うことを目的とします。本校は,株式会社Dive into Codeが運営いたします。

第2条 本規約の目的

本規約は,本校の秩序を維持し,本校で学ぶ会員が,快適にその目的を達成することを目的として定められます。

-第2章 会員資格-

第3条 会員資格

本校は,会員制度を採用し,会員は,本校に入学した時点で会員資格を取得します。

会員資格の種別は,受講生・卒業生の2つとします。

本校への入学は,本校の受講を希望する者が,本校への入学を所定の書面をもって申し込み,本校によって,本章第4条に定める主観的条件を満たしていると判断され,本校所定の入学手続き(学費納入等)が完了した時に,認められます。入学者は,本規約に従って会員としての資格を取得します。

法人の会員は,申込担当者が指定する,その法人の社員が入学するものとします。

第4条 本校入学に必要な条件

受講希望者は,本校により,本校の案内書類に記載されているコース受講によりその技術習得を希望し,当該コースを受講し理解できる基礎学力を有すると認められた場合に,本校入学に必要な主観的要件を満たすものとします。

法人の場合,申込担当者が前項 1) を本校の代理で判断するものとします。

第5条 会員資格の取得

会員資格の有効期間は,受講コースと会員種別ごとに定めることとします。

申込受付後,学費納入等の入学手続きが1ヶ月以内に実施されない場合,受講希望者は,入学資格を取り消されることがあります。

会員資格を取得した者は,本校から,会員資格を付与されます。会員は,これを他人に貸与または譲渡することはできません。

会員や会員資格を喪失してから60日以内の者は,第9条に定める期間延長サービスを新たに申込むことにより,会員資格の終了期限を延長できるものとします。

受講コース 受講プラン 有効期間

旧フルタイムコース 受講生は,入学日より2カ月とします。卒業生は,無期限とします。

旧パートタイムコース 受講生は,入学日より6カ月とします。卒業生は,無期限とします。

Ruby on Railsコース スペシャル 受講生は,入学日より6カ月とします。卒業生は,無期限とします。

Ruby on Railsコース スタンダード 受講生は,入学日より3カ月とします。卒業生は,無期限とします。

Ruby on Railsコース ベーシック 受講生は,入学日より3カ月とします。卒業生は,無期限とします。

即戦力コース 受講生は,入学日より6カ月とします。卒業生は,無期限とします。

プロトタイプコース 受講生は,入学日より3カ月とします。卒業生は,無期限とします。

インフラコース 受講生は,入学日より3カ月とします。卒業生は,無期限とします。

プロトタイプコース 受講生は,入学日より3カ月とします。卒業生は,無期限とします。

エキスパートAIコース フルタイム 受講生は,入学日より4カ月とします。卒業生は,無期限とします。

エキスパートAIコース パートタイム 受講生は,入学日より12カ月とします。卒業生は,無期限とします。

第6条 会員資格の喪失

会員は,以下の一に該当する場合,会員の資格を喪失します。

本校関係者または会員に対して,物理的ならびに精神的を問わず,その教授並びに学習を妨げる行為があった場合,または,本校関係者の指導に従わず,改善の余地がないと判断された場合。本校関係者または会員に対して,危害を加えた場合,または,危害を加えようとした場合。あるいは,本校の施設,備品等を破損する,または破損しようとする等の行為があった場合。

その他,本校の名誉・信用を失墜する行為及び,これに類する行為があった場合。

第8条の会員の義務に違反した場合。

入学時に,住所・氏名・連絡先等に事実と異なる記載があった場合。

会員から中途解約の意思表示があり,本校がそれを受諾した場合。

会員資格期間が満了し,延長がなされなかった場合。

会員が申し込んだコースを受講終了した場合。

会員期間中に,全課題を合格しなかった場合。

その他,会員としてふさわしくないと本校が判断した場合。

会員の明らかな責により,会員資格を喪失または取り消された場合,納入済みの学費は一切返還いたしません。

-第3章 責務-

第7条 本校の義務

本校は,第6条に従い,会員が会員資格を喪失した後には,会員に対する一切の義務を負いません。

本校の責による事由により,会員が,受講予定あるいはすでに受講を開始しているコースを途中で打ち切る場合は,残された受講時間に相当する学費をお返しいたします。

各種付帯サービス(会員が,会員資格に基づき,受講以外に享受しえるサービスをいいます)は,学費以外の会員サービスです。諸般の事情により,予告なく変更・終了また利用不可能となる場合があります。その場合においては,一切,本校は返金等に応じることはできません。

本校は,会員が,コース受講によっても,知識・技能の向上,その他の目的を達成しえなかったとしても,本校は責任を負いません。

第8条 会員の義務

会員は,本校の案内書類に記載されているコースを積極的に受講し,その技術習得を目的として学習に励んでください。

住所・氏名・電話番号・連絡先等,会員登録事項に変更が生じた場合,会員は,すみやかに本校に届け出てください。

校内での録音・ビデオ撮影は禁止されています。希望する場合は,事前に申し出てください。

会員は,一定の場合において,コース受講に関連して,リムーバブルメディア(CD-R,USBフラッシュメモリ,DVD等)を利用することができますが,その用途は,本校が指定する用途に限定されます。またその利用は授業で指定された用途に限定するものとし,その利用に伴うウィルス感染リスクは会員が負います。会員が第三者にウィルス感染を広めることがあったとしても,本校は,その感染経路,感染原因を問わず,一切責任を負いません。会員はウィルス感染リスクの低減,トラブルの予防に自ら務めてください。

本校で用意する指導教材等の著作権は本校が有します。会員は,一切複製することはできません。また,会員は,指導教材等を第三者に提供することはできません。これに違反した場合,会員は違反時点において,会員資格を喪失し,本校に対する損害賠償責務を負います。

本校の施設,設備等は,全て本校での学習のために利用していただきます。目的外利用が判明した場合には,退出いただく等のしかるべき手段をとらせて頂きます。

本校の施設,設備備品, 書籍は,一切貸し出しません。施設内でのみご利用下さい。また,施設,設備備品, 書籍等に損害を与えたり紛失をした場合には,それに伴う一切の損害を含み,弁償していただきます。

会員は自己の所持品につき,責任を持って管理して下さい。紛失,盗難,忘れ物等につき,本校は責任を負いかねます。

会員間のトラブルにつき,本校は責任を負いません。

第9条 各種制度一覧

各種制度適用期間は,会員資格の有効期間のとおりです。諸事情により適用期間が変更になる場合があります。

会員が,会員資格を有する期間中に利用できるサービスの内容は,個人契約と法人契約ごとに会員種別、コース、内容、利用可能な時間帯、回数が決まっており、以下のとおりです。

個人契約

受講生

旧フルタイムコース

授業の受講:10:00-21:00、10回

本校施設での自習:10:00-22:00、無制限

オンラインサポート:10:00-22:00、無制限

旧パートタイムプラスコース

授業の受講:平日:19:00-21:00、土日祝:10:00-21:00、10回

本校施設での自習:平日:18:00-22:00、土日祝:10:00-22:00、無制限

旧フルタイムコース

オンラインサポート:10:00-22:00、無制限

Ruby on Railsコース ベーシックコース

授業の受講:平日:19:00-21:00、土日祝:10:00-21:00、10回

本校施設での自習:平日:18:00-22:00、土日祝:10:00-22:00、無制限

オンラインサポート:10:00-22:00、無制限

即戦力コース

授業の受講:申込時に提示する指定の開催日程に基づく、5回

本校施設での自習:10:00-22:00、無制限

オンラインサポート:10:00-22:00、無制限

プロトタイプコース

授業の受講:申込時に提示する指定の開催日程に基づく、10回

本校施設での自習:10:00-22:00、無制限

オンラインサポート:10:00-22:00、無制限

エキスパートAIコース

授業の受講:申込時に提示する指定の開催日程に基づく、20回

本校施設での自習:10:00-22:00、無制限

AIコースの講師やメンターが休暇の場合はサポートを受けることができません

オンラインサポート:10:00-22:00、無制限

AIコースの講師やメンターが休暇の場合はサポートを受けることができません

卒業生

全コース

就業サポート:10:00-22:00、無制限

その他

就業サポートは,弊社サービス(SECONDTEAMへの参加や人材紹介等)を意味します。

利用可能な時間帯,回数等は,株式会社Dive into Code の営業日に準じます。営業時間は,10:00-22:00までです。休業日は,毎週木曜日とその他年末年始,特別休業日等です。

卒業生は,卒業したコースの授業は一切受講することはできません。

期間延長サービス

全コース

授業の受講:延長期間中は、授業の受講はできません。

本校施設での自習:1ヶ月単位で延長が可能です。時間帯や回数は延長対象コースの内容に準じます。

オンラインサポート:1ヶ月単位で延長が可能です。時間帯や回数は延長対象コースの内容に準じます。

料金: 延長申込み時点の対象コースの正規価格 の月あたり金額に、延長希望月数を乗算した金額となります。ご入校時点の金額ではないため、ご注意ください。

法人契約

受講生

法人ライセンス

オンラインサポート:10:00-22:00、無制限

その他

テキスト閲覧,質疑応答,課題評価を全営業日,時間帯にいたします。

人数と利用月数でのライセンス契約となります。1ライセンス1受講生分となります。

卒業した時点でその受講生は卒業生となり,ライセンスフリーとなります。

受講生に紐づかないあまったライセンス数分,契約期間中は受講生を新たに追加いただけます。

毎週土日13:00〜18:00にリアルタイム自習サポート(※ビデオ会議システムによる接続)をいたします。

有料オプションサービス

アイデアブレスト出張授業

DIVE INTO CODE推奨のアイデアブレスト授業を貴社へ出張して開催いたします。

アイデアを大量に出す授業を1回

アイデアから要件定義とサイトマップ,テーブル定義へ落とし込む授業を1回

プロトタイプ開発サービス

1ヶ月間,貴社社員の方へプロトタイプ開発に関するサポートを渋谷校の現地にていたします。

Rails技術者認定ブロンズ合格サポート

Rails技術者認定ブロンズ試験の合格までをサポートいたします。

受験チケットを受講者お一人最大2回まで,DIVE INTO CODE が負担いたします。

オンライン授業

DIVE INTO CODE の授業を全10回(DAY01からDAY10)まで,オンライン上にて行います。

オンライン授業のため1回あたり最大10名までとしております。(例:20名の場合,20回開催となります)

DIVE INTO CODE 認定メンターが講義いたします。

出張授業

DIVE INTO CODE の授業を全10回(DAY01からDAY10)まで,貴社に出張して開催いたします。

最大20名の講義が可能な認定講師(2017年1月時点では代表の野呂)が講義いたします。

授業の前後30分は自習サポートいたします。

卒業生

全コース

就業サポート:10:00-22:00、無制限

その他

就業サポートは,弊社サービス(SECONDTEAMへの参加や人材紹介等)を意味します。

利用可能な時間帯,回数等は,株式会社Dive into Code の営業日に準じます。営業時間は,10:00-22:00までです。休業日は,毎週木曜日とその他年末年始,特別休業日等です。

卒業生は,卒業したコースの授業は一切受講することはできません。

第10条 サービスの解約

会員は,本条に従い,お申込を解約することができます。解約事由は不問です。

解約を希望する会員は,本校事務局窓口に直接赴いて申請するものとし,直接口頭あるいは文書をもって申請した日を,受理日とします。

会員から中途解約の意思表示があり,本校がそれを受諾した場合,個人会員に限り,未受講分に相当する返金をいたします。返金額の算定は,特定商取引法第41条第2項,特定継続的役務提供の中途解約制度に従い,計算されます。

会員の明らかな責により,本校に損害があり,会員資格を喪失または取り消された場合,納入済みの学費は一切返金いたしません。

第11条 授業及び自習の予約とキャンセル

会員は,指定の日時での授業開催が決まっていないコースは,受講ご希望日の3日以上前に,本校が指定する方法で,授業の予約をして下さい。それ以降の予約調整はできません。授業確定後のキャンセルは,やむを得ない場合にのみ承ります。授業予定日前日以降にキャンセルがありましても,一回分受講してものとして扱います。なお,3日以上前にキャンセルのご連絡があった場合には,改めて,授業の予約が可能です。

指定の日時での授業開催があらかじめ決まっているコースについては,それ以外に個別に授業を予約することはできません。また,原則的に指定日以外での補講は行いません。ただし,天災や流行病による特別な事情に限り,補講を検討します。

第12条 修了認定基準

各コースにおける修了認定基準を満たした場合,会員は,コース修了認定を受けることができます。この場合,本校は当該会員に対し,認定証書を交付します。

原則として,修了認定基準は以下のとおりとします。コースによって特段の規定がある場合,本校は会員に対し,別途,書面をもってご案内します。

会員資格が受講生の期間中にコース所定の課題にすべて合格すること。

修了認定を受けていない場合,本校卒業生として認定されません。会員資格の喪失とともにすべての制度を原則利用できなくなります。

各コースとも申込時に別途配布するシラバスに基づき修了認定の評価を行います。

第13条 カリキュラムの改定

本校が提供するカリキュラム(授業内容)や教材の内容,修了後の就業サポート内容は予告なく改定される場合があります。

第14条 付則

本規約に規定なき事項については,本校・会員とも相互の協議により解決することとします。

本校と会員との間に争いが生じた場合には,東京地方裁判所及び東京簡易裁判所を専属管轄裁判所とします。

本規約は,DIVE INTO CODEの案内書類に印刷されて交付されます。会員は入学時の申込書に,サインまたは捺印することで,この規約を遵守する義務が生じます。

本規約は,会員に事前に通知することなく変更となる場合があります。 その場合においても,現会員についての取り決めは変更後の規約が適用されます。

補足

  • 本規約施行日:2016年6月30日Ver.1.0
  • 2016年6月30日Ver.1.1:第9条 各種制度一覧の受講生 / パートタイム,利用可能な時間帯,回数等について訂正
  • 2016年9月10日:Ruby on Railsコース スペシャル,スタンダード,ベーシックについての記載を追記
  • 2016年12月13日:「第5条 会員資格の取得」「第9条 各種制度一覧」「第11条 授業及び自習の予約とキャンセル」「第12条 修了認定基準」に即戦力コース,プロトタイプコース,インフラコースに関する記述を追記
  • 2017年1月1日:法人ライセンスに関する規約を追記,個人と法人の会員区分があることを定義,法人ライセンス用のオプションサービスを追記
  • 2017年2月25日:エキスパートAIコースの受講期間とサポート内容を更新
  • 2017年3月1日:期間延長サービスを追記