インタビュー

今までに1,000名以上の方にプログラミング学習の機会を対面講義形式で提供してきました。
なかでもDIVE INTO CODEの全課題を突破した認定エンジニアの受講体験談をご紹介いたします。

DIVE INTO CODEでは、無料の説明会を開催しております。ぜひお気軽にご参加ください。

インタビュー

DIVE INTO CODE認定エンジニアには、実務で稼げるチカラがあります。
稼げるようになるまでは、難易度の高い問題を解決する道のりを経て到達します。

          2017 06 21 16.40.00

橋本満さん
卒業生

大学卒業後、3000人規模のIT企業に就職しました。入社後3ヶ月はJA

          2017 06 21 16.14.06

松本隆誠さん
卒業生

ITを通して実家のお寺を新たなコミュニティの場にすべく、大学に通う

          2017 06 21 15.33.42

内野考太さん
卒業生

大学院で建築学を専攻する中で、建築学とプログラミングの深いつながり

     01

青木大介さん
卒業生

海外生活を含めた様々な活動の中で、専門的な技術を持つことの重要性に

     01

宮田裕貴さん
卒業生

エンジニアとして自分だけの武器となるプログラミングを学習する

1      top

株式会社Crunch Style 代表取締役 武井 亮太 様

正社員4名、アルバイトやフリーランスを含めると約10人、女性比率が6割

   1

杉本祐亮さん
卒業生

勤め続ける以外にも、スキルを増やしてフリーランスになるのも一つの選択肢

   1

木村圭宏さん
卒業生

会社のブランドではなく、個人で仕事を任せてもらえるエンジニアになる。

   1

萩原弘健さん
卒業生

独学は非効率で遠回り。”いつでも聞ける人”の存在が学習を加速させる。

   1

匿名希望さん
受講生

自身の持ってる武器の中の一つにプログラミングスキルを持つことが大事。

          2016 11 19 16.27.28

武村直之さん
卒業生

ボトルネックとなる社内システムの改修・開発を自ら行い業務の幅を増やす。

          2016 11 19 16.59.27

原敬之さん
卒業生

仕事でも自身のアイデアを形にするにも共通してプログラミングが必要だった

無料説明会
を開催しています。

エンジニアになるためには3つの方法があります。独学・通学・転職です。
どの方法をとった人でも、必ず直面する最大の壁「実務経験」。その突破方法をお教えします
エンジニアとして活躍しようと思ったとき、必ず直面する最大の壁が「実務経験」の有無です。その突破方法をお教えします。

お問い合わせフォーム

こちらのフォームからご質問等のお問い合わせや無料説明会や体験セミナーのお申し込みいただけます。