RPA入門講座

Robotic Crowdを使ってRPAを体感する

募集停止中


次回開催予定は未定です。


「RPAで業務効率化」

どういうことかイメージできますか?

そもそもRPAとは?

Robotic Process Automationの略で、 PCでの手動作業をロボット(プログラム)で自動化することです。 (PCの中でロボットに働いてもらうことをイメージしてみてください。)

例えば、こんな作業を自動化できます

  • 毎月従業員から申請される交通費精算書を、最短経路の交通費か確認する作業

  • 毎日届く発注書を確認して内容をコンピュータに入力して、営業さんに伝える作業

プログラミングの知識がなくてもできる?

プログラミングの知識はもちろんあった方がいいですが、知識がない方でもRPAを導入するための様々なツールがあります!

ツールを使うことで、ボタン操作などを中心にした作業でコンピュータの中で働くロボットを作ることができます。

ロボットに作業してもらうメリット

  • 人的ミスが削減できる!

    ロボットが作業をすることで、見間違えた、入力ミスをした、などの人間特有のミスを減らすことができます。

  • 人材不足を解消できる!

    今まで事務員さんにお願いしていた仕事を、ロボットに任せることができるかもしれません。 ロボットは昼夜問わず働いてくれるので、何人分の仕事もします。

RPAツールのひとつ、
「Robotic Crowd」を使って

RPAを体験してみよう

  • 定型業務が頻繁にあり、それらをRPAで自動化したい方
  • RPAの導入を検討するにあたってRPAを体感してみたい方

RPA体験講座で得られるもの

  • 単純な業務をRPA(Robotic Crowd)で自動化することができるようになる
  • RPAに興味のある方とワークを通して知り合うことができる
  • 他社様の事例を学ぶことで、RPAによる業務改善を理解することができる

学習内容

Curriculum

全2回(週1回)、1回 3時間

DIVE INTO CODE東京校に通学し以下の内容を学習します

習得できるスキル

  • RPAの基礎知識
  • Robotic Crowdの使い方

スケジュール

  • DAY1

    3時間

    • 1. RPAの基本知識

      • (1)RPAについて
      • (2)プログラミングとの違い
      • (3)RPAでできること、できないこと
    • 2.Robotic Crowdの基本知識

      • (1)Robotic Crowdの特徴
      • (2)Robotic Crowdの画面構成
    • 3.Robotic Crowdを使ってみる

      • (1)プロジェクトを作成する(講義)
      • (2)ワークフローを作成する(講義)
      • (3)ミニ演習-操作をレコーティングする(ペアワーク)
    • 4.Robotic Crowdを活用する上で有用な知識

      • (1)ワークフローとは
      • (2)タスクとは
      • (3)アクションとは
      • (4)よく使われるアクション
      • (5)タスクのYaml(Yamlとは何か)
    • 5. 演習

      • (例)yahoo路線から引っ張ってきてメールする
  • 宿題:RPAで解決できそうな自社の問題を見つける

  • DAY2

    3時間

    • 1.宿題の発表(1人5 - 10分)

      • グループごとにRPAで会社の解決できそうな問題の発表
    • 2.前回の復習

      • (例)Robotic Crowdを活用する上で有用な知識
    • 3.総合演習(ペアワーク)

      • (例)yahoo路線から引っ張ってきてメールする

講師

Instructor

  • 講師

    松本 大介

    金融機関や大手デジタル広告会社にてセールスを経験した後、株式会社チュートリアル最初のセールスとして参画。
    Robotic Crowdの販売活動を担当。これまでの経験を活かしたコンサルティング営業に加え、
    セールスの仕組みづくりなどセールス領域を幅広く担当している。

料金・日程

Fee & Schedule

次回開催予定は未定です。

開催場所

Access

DIVE INTO CODE 東京校
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館
TEL:03-5459-1808