即戦力コース

実務で通用するWebエンジニアになる。

Goal

ゴール

即戦力コースは、Webアプリケーション開発に必要な知識を全て学び、プロのスタートラインに立つことをゴールとしています。

Point

ポイント

必要な順序で必要な知識を学習
未経験でも基礎からしっかり身につくカリキュラム。

実践を考えて作られたカリキュラムを学ぶべき順番でひとつずつこなしていくことで基礎である土台をしっかり身につけることができます。
学ぶだけでは活かせません。
実務案件と同等の”問題を解決する”ための課題に取り組むことで、学んだ技術を実践力にするための経験を積むことができます。 フロントエンド・バックエンド・インフラなどWebエンジニアとして必要な知識を体系的に学ぶことができます。

継続的に学習するための環境

インプットした知識はアウトプットもできなければなりません。
ディスカッション形式の講義や勉強会、チーム開発でバックグラウンドは違えど、”スキルを身につけたい”という同じ志で学習する仲間ができます。 自分がつまずいたときに先輩が助ける。自分がつまずいたところと同じところでつまずく後輩を助ける。時に学習に対する不安や憤りを話し合う。 独学では得られない経験があります。

卒業=スタートラインに立つ

DIVE INTO CODEを卒業した先にあるもの。
卒業=ゴールではありません。卒業=スタートラインです。

DIVE INTO CODEで培った人的ネットワーク、身につけたスキルで転職や社内エンジニア、フリーランスへの転身などエンジニアとしてのキャリアをスタートさせる仕組みがあります。

DIVE INTO CODEが存在する限り、卒業生はスクールのコミュニティを利用することができます。 就業先の開発についての相談やエンジニアに必要な情報交換など技術を磨き続けることができます。

Contents of leaning

学べる内容

  • Logo html

    HTML/CSS

  • Logo js

    JavaScript/JQuery

  • Logo ruby

    Ruby/Ruby on Rails

  • Logo github

    Git/Github

  • Logo database

    SQL

  • Logo heroku

    Heroku

Curriculum

カリキュラム

PHASE1

プログラミングを始めるための基礎を身につける


HTML,CSS,javaScriptでサーバーサイドの言語を扱うのに必要なフロントの知識を身につけます。 その後Rubyでプログラミングとアルゴリズムの基礎を学びます。

PHASE2

即戦力エンジニアに必要な確かな基礎を身につける


sinatra,Ruby on Railsを用いてWebアプリケーションフレームワークの基本的な知識を身につけます。 また、GitやHerokuといったWebアプリケーションを扱って行く上で欠かせないシステムについても学んでいきます。

PHASE3

Ruby on Railsと、それに関連する基礎的な知識を身につける


ログインシステム、メール機能、画像アップロード、アソシエーションと行った技術を身につけ Ruby on Railsを用いてWebアプリケーションの作り方を学びます。

PHASE4

Ruby on Railsとその関連知識を道具として使用できるようになる


コールバックの概念、独自実装のバリデーション、RSpecを用いたテスト、第三正規化によるテーブル設計、 OauthによるGoogleログインなどの知識を学び、より実践に近い時術を身につけます。

更に詳細なシラバスはこちらよりダウンロードできます


費用

298,000

円(税抜)

期間

6ヶ月

Advanced Course

就業サポート(オプションコース)

DIVE INTO CODEでは即戦力コースを卒業後、就業に特化したアドバンスコースを受講することが可能です。
(※就業を行う方のみ受講することが可能です。 学歴、年齡制限及び就業の保証は行っておりません。)

新年度キャンペーン

6月からコース募集開始を予定しております。※即戦力コース受講後、追加受講も可能です。


  • 1

    キャリアカウンセリング・企業調査

    企業調査を行い、自分がどのような会社で働きたいのか、どのような生き方をしたいのかを明確にします。 また、それに応じて適切なポートフォリオを各人に合わせて作成します。

  • 2

    ポートフォリオ作成と初級エンジニアプロジェクトへの参加

    現役エンジニア(外部アドバイザー)と作成した、実務レベルの開発を経験します。ここでのレベルは、本当に実務に即したものになっており、 ヒントや解答はない状態から、実際のエンジニアと同じように考え、構築する能力を身につけます。

  • 3

    面接対策

    現役エンジニアと弊社講師による、面接対策と実際にエンジニア、外部パートナーとの模擬面接を行うことで、 きちんと自分を伝えられるように対策を行います。

  • 4

    就業とパートナー企業のご紹介

    就業コースを修了したら、就業/転職活動を開始します。
    DIVE INTO CODEでは人材紹介サービスも提供しています。

一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会

代表理事 吉政 忠志氏よりコメント



Rails yoshimasa Rails4 silver Rails4 bronze
未経験者や経験が浅い方への教育実績が1,000名を超え(2016年10月時点)多くの卒業生の方から高評価が聞こえてきています。 同社にはRails技術者認定試験運営委員会の認定スクールとして模擬問題の制作など、当委員会の運営も支援いただき、大変感謝しています。

同社のカリキュラムは当委員会が推奨できる、学習効果の高いコースです。Railsでの就業力を高めたいに方はぜひ 受講いただきたいコースの一つです。

一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会は今まで以上に支援を強化し、より多くのRailsエンジニアが育成されるよう尽力いたします。